« 英文を出力するなら(しないけどね) | Main | 同好の士 »

Friday, 14 August 2015

国立劇場でブリトーを

タコベルに来てゐる。
今年春に開店したころは大変な行列ができて何時間も待つといふ話だつた。

今日来てみたところ、待ち行列はなかつた。
カウンタでは二名ほど注文客がゐた。
あとはカウンタのちよつと手前にバーがあつて、そこからカウンタ上のメニューを眺めてゐる人が三人ほどゐたくらゐだつた。
この人々は、なにを食べやうか決めかねてゐる人々である。
一応、先に来店してゐる人々に遠慮をしてやうすを見てからカウンタに向かつた。
チージービーフブリトーとチージーチップス、あとドリンクバーを別々に頼んだら、「こちらのセットの方がおやすくなります」と云はれてそちらを選んだ。
セットだとチップスにチーズが付かないといふので、それは追加で頼んだ。

アミーゴセット@Tacobell

チージービーフブリトーを一口食べたとたん、懐かしい気がした。
日本用にだいぶメキシカン風味はマイルドになつてゐるやうに思ふけれど、「さうよだねえ。ブリトーつていつたらこれだよねえ」といふ味だ。
チージーブリトーとはその名のとほりフラワートルティーヤにビーフとチーズ、それにメキシカンライスをつつんだものである。
チーズの味がなんだか独特な感じなんだけれど、これも日本だから仕方がない。
だいたい「チージービーフブリトー」といふものを食べるのはこれがはじめてだ。
もともとかういふ味なのかもしれない。

チップスはコーンチップスだ。
あらかじめなにかしら香辛料がかかつてゐる。
チーズは別添へだ。
ナチョスをはじめとするすべてのチップスがさうなつてゐる。
話によると、日本人は手が汚れるのをいやがるのでチップスの上からチーズをかけたやうなものは好まないから、ディップ型にしたのださうだ。
うーん、上からかかつてる方がいいなあ。
せめて別添えのチーズがもうちよつとやはらかかつたら、自分で上からかけるのに。
しかし、ディップにはこれくらゐのかたさが必要なのであらう。
こちらのチーズもチージービーフブリトーのチーズとおなじやうな味がする。なんといつていいのかわからないけれど、どこか独特な味だ。
チリコンカーンといふわけではない。

カウンタで確認してくるのを忘れたけれど、チージービーフブリトーとチップス、ドリンクバーのセットはアミーゴセットといふのらしい。
セットの中では最小なのではあるまいか。
最小だけれども、これで十分おなかがいつぱいになる感じだ。

もうちよつと駅に近かつたら、国立劇場に行く前によつてテイクアウトしていくのになー。
劇場内で食べるのにはちよつと匂ひが気になるけど、それは外で食べればいい話だし。

もうだいぶ昔の話だけれど、国立劇場に行くときには、センター街のアービーズに寄つてサンドイッチをテイクアウトしてゐた。
Arby'sといつても今は通じないのかな。
米国のファーストフード店のひとつだ。
ハンバーガーに使ふやうなバンズに肉や野菜をはさんだサンドイッチを売つてゐた。
好きだつたんだけどなあ。
国立劇場の開場に間に合ふやうに行かうとすると、まだ開店前の店も多い。
アービーズなら開いてゐる。
当時は国立劇場の周りにはコンビニエンスストアのひとつもなかつたし、サンマルクカフェめいた店舗も皆無だつた。
麹町の方に行けばちよこつとなんかはあつたのかもしれないが、行つたことはなかつた。
劇場内の食事処は苦手だしね。最後に劇場内の食事処を利用したのは前・歌舞伎座のそば屋かカレー屋だ。それももうずいぶんと前の話だ。
歌舞伎の幕間は30分前後と長いけれど、食事をすることを考へるとそれでも短いくらゐだ。
その短い時間に食べに行つて食べてまた戻つてくる、と考へると、劇場内の食事処でさへあくせく焦つてしまふのである。
性格の問題だけれども。

ウェンディーズが帰つてきて、タコベルもしかり。
でもアービーズが戻つてくることはもうないんだらうな。
ウェンディーズも最初は表参道にあつたのに、いつの間にかなくなつてゐる。六本木に移つたのらしいが、そちらには行つたことはない。
表参道のウェンディーズは落ち着いてゐていい店だつたのにな。
だいたい「落ち着いてゐていい店」といふのはいつの間にかなくなつてしまふ。

タコベルは109から東急本店に向かふ途中、ヤマダ電機の先を左に入つたところにある。
昼間はいいけど、夜遅くなつたらどうかなあ、といつた感じのところだ。
まあ、曲がつてすぐある、といへないことはないけれど。
普段はどんな人が来てゐるのかなあ。
普段はもつと人が多いのだらうか。
お昼が近づいてくるにつれ、人が増えてきたやうには思ふ。

世に「Tex-Mex(テックスメックス)フード」といふ。
TexはTexas、MexはMexicoの略だ。
タコベルはメキシカンといつてゐるけれど、実際は「Tex-Mex Foods」だらう。
エル・パソで食べるブリトーとシューダッド・ファレスで食べるブリトーとは違ふ。
包まれてゐる中身がそもそも違ふのかもしれないが、味付けも違ふ。
それが渋谷に来れば、違つて当然とも思ふ。

次に来ることはあるだらうか。
気軽に来られるやうな場所ではないからなあ。
コクーン歌舞伎でもあれば来るかもしれない。
そんなところか。

|

« 英文を出力するなら(しないけどね) | Main | 同好の士 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国立劇場でブリトーを:

« 英文を出力するなら(しないけどね) | Main | 同好の士 »