« 川本喜八郎人形ギャラリー 赤壁大戦 その一 | Main | 連休も終はる »

Monday, 04 May 2015

本屋も手藝屋も

くつ下が編み上がつた。

Socks

毛糸は Opal の Graefin Annabelle (Farbe 4002)、針は0号五本針を使ふた。
つま先から Figure 8 の作り目で12目作り、2段に4目増目して68目まで増やした。
模様編み部分は二目ゴム編みの変形版で、2段二目ゴム編みを編んで2段メリヤス編みのくり返し。
かかとは Wrap & Turn で12目まで減らした。

ちやうどよいので、「毛糸だま 夏号」を見て、次に編むものを決めやうと思つてゐたのだが。
五月二日に行つたら最寄り駅のそばにある本屋にはなかつた。
今日また行つてみたのだが、やはりない。
「毛糸だま」は扱はなくなつてしまつたのだらうか。
駅の向かうにもう一軒本屋があるのだが、行く気力をなくしてしまつて行けなかつた。
うーん、春号はあつた気がしたんだけどなあ。

今日、歌舞伎座の昼の部を見に行つたので、帰りに越前屋に寄つてみたらばこは如何に。
「日曜・祝祭日は休み」といふ貼り紙がしてあるではないか。
日曜は休みだつたけれど、祝祭日も休みだつたつけか。
祝祭日は開店してゐたやうな気がしたんだけどなあ。
さうでないと、越前屋にはほとんど行けやしない。
DMC コットンパールの五番がほしかつたんだがなあ。
地元駅最寄りの手芸屋にはDMC コットンパールなんておいてゐない。
もともと駅周辺に毛糸と刺繍糸・その他手藝用品・布団屋と、本店と支店2軒の3店舗あつた。
それがいつの間にか毛糸と刺繍糸を主に扱つてゐた店だけが残つた。
ここにビーズその他の手藝用品も集まつてきたので、毛糸の品揃へなどはすこし劣化した。
仕方のないことなんだけれどもね。

地元の手藝屋の品揃へがいま一歩である→ネット通販で毛糸を買ふ→地元の手藝屋の品揃へがますます劣化する→さらにネット通販に頼るやうになる→地元の手藝屋が閉店する

この負のスパイラルから抜けられないんだよなあ。
ネット通販のできるやうになる前は、そこに「ユザワヤ」だとか「オカダヤ」だとかが入る。
オカダヤは最近行動範囲の中にないのでわからない。
でも、ユザワヤもおさみしい状況になつてゐたりするんぢやないかなあ。

本屋も似たやうな状態だ。
かつて我が家のそばには手藝店も本屋も2軒づつあつた。
いまはどれもない。
それで困つてゐないのか、といふと、うーん、困つてはゐないかも。
本屋には職場からの帰宅時に駅のそばの店に寄るし、そんなにしよつ中手藝用品を買ひ求めたりしないからだ。
その代はり、たまの休日にぶらりと歩いて本屋や手藝屋をひやかすなどといふことはできなくなつてしまつた。
「毛糸だま」1冊買ふのにも、4kmくらゐ行かねばならない。
それでうつかりネットで買つてしまつたりする。
どうせもう近所に本屋はないのだから、負のスパイラルなどとは思はない。
思はないけれども、かうなる前になんとかならなかつたのかな、とは思ふ。

「毛糸だま 夏号」がまだ手に入らないので、仕方がないから次のくつ下でも編みはじめるかな。

|

« 川本喜八郎人形ギャラリー 赤壁大戦 その一 | Main | 連休も終はる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/61539788

Listed below are links to weblogs that reference 本屋も手藝屋も:

« 川本喜八郎人形ギャラリー 赤壁大戦 その一 | Main | 連休も終はる »