« Apple Watch 買ふか否か | Main | 眠らなくては »

Friday, 22 May 2015

Can You Tell Me How to Get to Yellowstone Park?

テレビを見なくなつて久しい。
まつたく見ないわけではない。
朝のニュースと夜の地域のニュースとは見る。
日曜日はテレビ朝日の特撮系とプリキュアとを見る。その後はNHK教育の「日曜美術館」から将棋を見て、NHKでニュースを見る。たまに浅草演芸ホールの録画を見ることもある。
これは以前も書いたな。
そのときと変はつてゐない。
見たい番組が終はつたら、テレビを消す。
テレビをつけるといつまでもダラダラと見てしまふといふ向きもあるやうだが、それはないな。

テレビ番組は、録画されたものを見る。
これが見事にこども向けの番組ばかりなんだなぁ。
さうでないのは「ブラタモリ」と壇蜜見たさに見てゐる「テレビで中国語」くらゐか。
あ、「心に刻む風景」もあつたか。それと「オイコノミア」。
それ以外は自分で録画してゐるものも録画機が勝手に録画するものも、大半はこども向けの番組だ。
「アンパンマン」とかね、「忍たま乱太郎」、「おじゃる丸」、「にほんごであそぼ」に「ドラゴンボール改」、「びじゅチューン!」。
ほかの番組も、なぜかアニメーション番組率が高い。
で、まあ、見ちやふんだね、録画されてると。少なくとも一度は見る。「わしも」は何度か見て、見ないやうになつてしまつた。

見るのは、もちろんおもしろいからだ。
たまにドラマが勝手に録画されてゐることがあるけれど、「忍たま乱太郎」には面白さにおいて遠く及ばない。
大人つて、かういふのがおもしろんだ。
そんなことも思ふ。

気がつくとインターネットで見る動画もこども向けのものばかりになつてゐる。
夕べも過去の「セサミストリート」の動画ばかりを見てゐた。
きつかけは、たまたま検索結果にプレーリー・ドーンの動画がひつかかってきて、それをうつかり見てしまつたからだつた。
プレーリー・ドーンといふのは、マペットで、小さくておかつぱの可愛い女の子だ。
大抵マペットたちを率いて音楽劇を上演し、失敗するといふ役回りを演じる。
ピアノを弾きながら歌ふその聲がまた可愛くてね。
昨夜見た動画では、3匹のブタたちと一緒に歌つてゐた。
3匹のブタ、その名もオインカー・シスターズ、といふのに思はず吹き出してしまつた。
ポインター・シスターズのパロディだよね。

そこからもう止まらなくて、カーミット・ザ・フログとドン・ミュージックのシリーズを中心に、ガイ・スマイリーやカウント・フォン・カウント、果ては「マペット・ショー」のビーカーの歌やスウェーデン人シェフまで見てしまつた。

カーミットとドン・ミュージック、楽しいねぇ。
「Row, row, row your boat」が「Drive, drive, drive your car」にメタモルフォーゼしていくさまとか、もーをかしくてたまらんよ。
「セサミストリート」の主題歌でセサミストリートへの道を訊くはずなのに、いつの間にかイエローストーンパークへの行き方を訊いてたりとかね。晴れた日の歌のはずなのに、ものすごい嵐の日の歌になつたり。
「メリーさんのひつじ」が「メリーさんの自転車」になるのもいい。メリーさんが自転車に乗ると、いつでもタイヤがパンクするんだよ。思はず吹き出すよ。

楽しいねぇ。
こんなに楽しいテレビ番組、ちよつとない。
とくにこの頃はカーミットをジム・ヘンソンがやつてるしね。
もう最高。

こども向けの番組にはおもしろいものが多い。
こども騙しの番組はダメだけどね。
「ビタコラスイッチ」をおもしろさの点で超える番組がいくつあるといふのか。
と、言ひ訳したところで、今夜は「テレタビーズ」でも見やうかと思ふてゐる。
Eh-oh!

|

« Apple Watch 買ふか否か | Main | 眠らなくては »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/61627302

Listed below are links to weblogs that reference Can You Tell Me How to Get to Yellowstone Park?:

« Apple Watch 買ふか否か | Main | 眠らなくては »