« 今年使ふてゐる手帳 | Main | 小さい達成感の積み重ね »

Monday, 23 March 2015

Viva, ねぢり目!

Weaver's Wool Mini Shawl は編み終はつた。

編み終はつたが、整形がまだである。
この週末にするつもりだつたが、気力がなくてそのままになつてゐる。
このまま仕舞ひこんで、出してくるときに整形するやうかもしれないな。

伏せ止めは、Weaver's Wool Mini Shawl の編み方に書いてあるとほりにやつた。
最初の目をねぢつて、次の目と二目一度にするといふ方法である。
以前 Weaver's Wool Mini Shawl を編んだときもこの方法で止めた。
これ、不思議とゆつたりと止められるんだよね。
最初の目をねぢることで、糸が引かれないやうになつてゐるのかな。
ねぢり目つて偉大ね。
先日編んだ Clapotis は、いまでも日々使つてゐる。これもねぢり目によつて糸が必要以上に引かれるのを防いでゐるんだらう。
Viva, ねぢり目!

といふわけで、くつ下を編み始めた。

もともとは「毛糸だま 2015年 春号 No.165」に掲載されてゐるくつ下を編むつもりだつた。
二目ゴム編みの、ごくごくふつうのくつ下である。
今回の「毛糸だま」のいいところは、編み方は二目ゴム編みでも、かかとやつま先の編み方を複数載せてゐるところだ。
好みや気分によつて、好きな編み方を選ぶことができる。
いいぢやあないか。

さう思つてゐたのだが、気が変はつた。
先日うつかり買つてしまつたくつ下編みの本の表紙のくつ下を編み始めてしまつたのである。
本は、A Knitted Sock Society。くつ下は Reginald といふ。

あみものの洋書を買ふのも久しぶりだなあ。ここ二年くらゐ買つてゐないはずである。

「毛糸だま」のくつ下をやめた理由は、毛糸にある。
二目ゴム編みなら、どんな毛糸でも合ふ。
単色はもちろんのこと、段染めもピッチが長いのから短いのまで、なんでもござれだ。

Reginald は違ふ。
ちよつと糸を選ぶ。
この本では Rowan の Fine Art といふ毛糸を使つてゐる。実物を見たことはないけれど、段染めでうまい具合にしま模様になるやうな毛糸のやうだ。
Reginald は増やし目と減らし目とで作る縄編み模様のくつ下である。
あんまりピッチが短かかつたり色が派手だつたりする段染め毛糸では合はない可能性がある。

今回選んだ毛糸は、Berocco のくつ下毛糸で、緑色の段染めだ。
Fine Art ほど subtle なところはないけれど、でも、たぶんこれなら Reginald もいける。
さう思つた。

そんなわけで編み始めてみた、といふわけである。

Sock in Progress

Reginald もねぢり目を多用してゐる。
ねぢり目の一目ゴム編み、いいよね。
単にねぢつてゐるだけなのに、なんでこんなに雰囲気が変はるのか。
それだけでもおもしろい。
模様編みのところはまだ覚えてゐないので、本を見ながらでないと編めない。ゆゑになかなか進んでゐない。

さうかうする間にも、Ravelry などで「これは編みたい!」といふくつ下に出会つたりしてゐる。
この春夏はずつとくつ下でいけさうだな。

あ、編みかけのストールは仕上げるつもりだけれども。

|

« 今年使ふてゐる手帳 | Main | 小さい達成感の積み重ね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/61324530

Listed below are links to weblogs that reference Viva, ねぢり目!:

« 今年使ふてゐる手帳 | Main | 小さい達成感の積み重ね »