« 編み図を読む | Main | 2015年3月の読書メーター »

Tuesday, 31 March 2015

タティングレースらしくない

タティングレースでほかの人はどのやうなものを作つてゐるのだらうか。

やつがれはといふと、相変はらず The Twirly をつなぐプロジェクト続行中である。
いつもの説明をしておく。
The Twirly は Jon Yusoff のデザインした六角形のモチーフである。風車に似た形をしてゐる。
これをたくさんつないで、最終的にはちよつと壊れた大きな六角形にするつもりでゐる。

で、毎日昼休みの空いた時間にせつせと結んでゐるわけだが。
つながつていくモチーフを見てゐても、なにかが違ふ気がするのである。
なにかとはなにか。
自分でもよくわからない。

つらつら考へてみるに、普通の人はタティングレースでこんなものは作らないのぢやあるまいか、といふ結論に至つた。

もちろん、世の中にはタティングレースのモチーフをつないで大きなものを作る人はたくさんゐる。
ストールとかね、ショールとかね。
本などにはテーブルカヴァやベッドカヴァが載つてゐたりもする。
載つてゐるといふことは作つた人がゐるといふことだらう。

しかし、他人の作つた巨大なものを見て、自分が現在作りつつある巨大(になる予定)なものを見ると、なんとなく違ふのである。

たぶん、The Twirly は、つなぐことを前提に作られてゐないのだ。
そんな気がする。

レースにはレースらしい外見といふものがある。
また、個々のレースにはそれぞれの「らしい」外見といふものがある。
「タティングレース」でWeb検索をかけると、タティングの作品の画像がたくさん出てくると思ふ。
これのいづれもとてもタティングレースらしい。

しかるに、やつがれの The Twirly をつなぐプロジェクトでできあがりつつあるものは、自分の中で「これがタティング作品だ!」と思ふものとはそこはかとなく違ふのである。
それで、「The Twirly はつなぐことを前提に作られたモチーフではないのかもしれない」と思ふに至つたわけだ。

つなぐことが前提になつてゐやうがゐまいが、つなげられることは確かである。
つないではいけない、といふ法もない。

いづれにせよ、できあがつてみないとどうなるかはよくわからない。
まづは予定どほり、つなげるだけつなげてみるつもりでゐる。
その結果、タティングレースらしくないものができあがつても、まあそこはそれ、かな。

|

« 編み図を読む | Main | 2015年3月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/61365569

Listed below are links to weblogs that reference タティングレースらしくない:

« 編み図を読む | Main | 2015年3月の読書メーター »