« 云ふべきか云はざるべきか | Main | 2015年1月の読書メーター »

Friday, 30 January 2015

「三国志談義」を読む

先日、「三国志談義」を読んだ。
安野光雅と半藤一利との「三国志(演義)」を題材にした対談集である。
帯の惹句に「三国志キャリア六十余年」とあつて、「六十有余年」の方が三国志つぽいのに、と思つた。
「三国志」でも普通に「何十余年」とはあるけれど、さだまさしの「まっさん版三国志英雄伝」で、関羽が「二十有余年」つていふ場面があるんだよね。そのせゐだと思ふ。

内容については、「目新しい情報はなにもない」であるとか、「正しくない点が多い」などとくさしてゐる向きもある。
「三国志(演義)」についてはさほどの知識はないやつがれでも、「長阪橋の戦ひは八月だから夏」とある数ページ後に「孔明が死んだのは八月で秋」といふてゐるのを見ると、「この人たち、俳句も川柳もやるといふのに……」と思つてしまふ。
一月から三月は春、四月から六月が夏、七月から九月が秋、十月から十二月が冬、だよね。すくなくとも当時は。「史記」なんかでもさうなつてゐるし、蘇軾の「赤壁賦」も出だしは「壬戌之秋七月既望」だ。

それでもなほ、この本は読んでゐて楽しい。
好きなことについて、おなじものを愛好する相手と楽しく語らふ。
さうすると、こんな風になるんだらうなあ。
さう思ふ。

多少は与太話になつてもいいのである。
だつて楽しいんだもの。

世の中、好きなものについては詳しくないといけない、といふ風潮がある。
詳しいといつても少々のことではダメで、ものすごーく詳しくないと許されない。
そんな気がする。
そんな気がするといふことは、やつがれ自身が「好きなことについては詳しくなくてはいけない」と思ひこんでゐるのだらう。

でも、別に、好きなことに詳しくある必要はないのだ。
云ふことが必ず正確である必要もない。
楽しければそれでいいぢやんよ。

そんなわけで、今後はさういふスタンスで行きたい。

……いまでもさういふスタンスか。

|

« 云ふべきか云はざるべきか | Main | 2015年1月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「三国志談義」を読む:

« 云ふべきか云はざるべきか | Main | 2015年1月の読書メーター »