« なんとなくそんな気がする | Main | Clapotis ふたたび »

Friday, 23 January 2015

くだらん、実にくだらん

長いこと、自分の好きなことはすべて「くだらないこと」だと思つてゐた。

去年、意識してさう考へないやうにしてみた。
してみた、とは書いてみたものの、ここまで生きてきてずつと「自分の好きなことは「くだらないこと」だ」と思つてきたわけだ。なかなか意識の転換はできない。

自分が好きなことはくだらないこと、と考へるのは、それほど悪いことではない。
問題なのは、「他人の好きなことも「くだらないこと」だ」と考へてしまふことだ。
考へてしまふ、といふか、考へるまでもなくさう思つてしまふ。
他人の好きなことを尊重できなくなつてしまふのだ。

たとへば、ここにあるアイドルのことが大好きな友人がゐるとする。
その友人が「これまでずつと応援してきたそのアイドルが結婚してしまふ」と嘆いてゐるとしやう。
さうすると、やつがれは自然に「そんなくだらないこと」と思つてしまふのである。

まあ、思つてしまふのは個人の自由かもしれない。
でもそれつて、なんかよくないよね。
だいたい思ふといふことは、態度にも出てしまふ可能性が高い。
可能性が高いぢやなくて、出てるんぢやないかな。

自分の好きなことはくだらないこと、と考へる所以は、こどものころから親にさう云はれて育つたからである。
「またそんなくだらないことして」としよつ中云はれてきた。
なにをしてもさうだつた。
読書にしてもさうで、「またそんなつまらないもの読んで」と云はれてしまふ。
あとに続くことばは、「早く寝なさい」か「外に遊びに行きなさい」か「早くかたづけなさい」か、とにかくさうしたことだ。
親の意にそまぬことはすべて「くだらないこと」だつたんだらう。
ゆゑに、一日の中でくだらなくないことをしてゐる時間といふのは、職場にゐる(「働いてゐる」とはいはない)時間だけだ。
あ、あと友人と会ふとき、かな。母は友人と出かけるといふと喜んでゐたからな。

そんなわけで、あみものもくだらなければ、タティングレースもくだらない。紡ぎもさうなら芝居見物もさうだ。渋谷行きに飯田行き? くだらないことの極地だらう?
ゆゑにせつせと「隙あらばヒカリエ」とかやつてゐる自分は、ほんたうにいつたいなにをくだらないことをしてゐるのだ、といふ感じだ。
芝居見物にしてもさうだな。なにを毎月毎月歌舞伎座くんだりまで出かけていくのか。実にくだらん。

さういへば、岸田今日子の「ムーミン」にそんな人といふか麝香鼠がゐたね。なにかといふと「くだらん」とかいふ。あれは原作にもゐるのだらうか。

それを、極力「くだらなくない」「くだらなくない」と心の中で唱へつづけたのが去年のことである。
その成果はあつたのだらうか。
実のところはよくわからない。
とりあへず、誰かに何かが好きでねえと云はれても、「くだらない」と思はないやうにしやうとするやうにはなつた、と日記には書いておかう。

|

« なんとなくそんな気がする | Main | Clapotis ふたたび »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くだらん、実にくだらん:

« なんとなくそんな気がする | Main | Clapotis ふたたび »