« 古い街 | Main | 工場と工房と »

Tuesday, 23 September 2014

三回め

日曜日は、お店などはお休みなので、いきほひ博物館に行くことになる。
前回前々回にも行つた北方民族博物館にまづ行つた。
ここは三度め。

Untitled

今年はこんな感じだつたが、2年前の5月はこんな感じだつたし、

Nordiska Museet

10年前の3月はこんなだつた。

Nordic Museum

ここは建物自体も楽しい。如何にも「ヨーロッパ」といふ感じがする。
ただし外観のゴシック調が「スウェーデン」的かどうかは謎。
教会はわりとこんな感じが多いやうに思ふ。

北方民族博物館は、そんな名前のくせに、ほぼスウェーデンのものしか展示されてゐない。サーミ族の展示が北欧各国にまたがつてゐるくらゐか。
このあたり一帯がスウェーデンだつたこともあるから、その矜持からくる命名なのだらう。

家具や食器などが年代別に並べられてゐたり、その時々の特別展示があつたりする。
今回の特別展示は、装飾品だつた。ものすごくこまかいビーズ織のブレスレットやメガネチェインに目を奪はれた。
ビーズ自体が実に小さい。
こんなの作つてたんだねえ。

ちなみに十年前の特別展示は、DOReDoと広瀬光治だつた。

我々にとつてのメイン展示は、引出の並ぶ部屋である。
各引出しには様々な種類の織・刺繍・編物がおさめられてゐる。古いものをしまつてあるのらしい。
以前行つたときも書いたと思ふが、40番手より細い糸で作つたマクラメに、今回も見入つてしまふ。

ここまでは撮影禁止区域。
今回は入口を入つてすぐのところに、wild apples and cultivated fruitsと銘打つて、スウェーデンのリンゴが展示されてゐた。リンゴのほかにも梨とかがあつたやうに思ふ。
試食コーナーもあつた。
あまりの数に数へるのはあきらめた。

Untitled

その後はスカンセン野外博物館といふのもお約束。
今回は西の方の入口から入つた。

Untitled

途中、激写した孔雀の写真などは後日。
雷鳴が聞こえてきて、帰ることに。

Untitled

ストックホルムで雨ははじめて。
この後ゲリラ豪雨に見舞はれることになるとは、神ならぬ身には知れぬことなのであつた。

|

« 古い街 | Main | 工場と工房と »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三回め:

« 古い街 | Main | 工場と工房と »