« 三回め | Main | 教会とか »

Wednesday, 24 September 2014

工場と工房と

月曜日、火曜日と、織物関連の見物がつづいた。

月曜日には、ストックホルムのセーデルマルム島にあるStiftelsen K A Almgren Sidenväveri & Museum に行つた。
19世紀創業で、1970年代まで工場として機能してゐたといふ。
1990年代に絹織物博物館として開業したのらしい。
地下鉄スルッセン駅から歩いてすぐのところにある。
ストックホルムカードが使へる。

Untitled

中ではジャガード織機の実演を見せてくれるほか、絹織物製作に用ゐてゐた道具の数々や1940年代に撮影したアルムグレン社の紹介動画を見ることができる。
動画は日本語版を見せてもらつた。
たどたどしい日本語を聞くと、健気だなあと思ふ。

屋根裏には、展示物もいろいろある。
例によつて引出しを開けると織地のサンプルがあつたりして、これが素敵。

Untitled

火曜日は一路フィンランドに向かひ、旅行会社の案内では「ヘルシンキ郊外」といはれてゐた地に赴く。裂き織工房見学だ。
車で2時間つて、新宿からだつたら双葉SAだぜ。

白樺の森と農地の交互にあらはれる車窓を眺めつつ、2時間半後に目的地にたどりつく。

この写真は、工房のものではないが、色は似てゐる。
工房の写真などは後日、気が向いたら。

Untitled

古い家を改造して作つたといふ工房には、巨大な織機のある部屋と、織りあがつたマットをおいてある部屋とがある。
マットが何本も並ぶ中、工房主が迷はずいろいろ取り出すさまもまた圧巻。

Untitled

織りはやらないので、何をどう撮つていいやらよくわからなかつたのが残念。

Untitled

主な写真はデジタルカメラで撮つたので、機会があればまた後日。

|

« 三回め | Main | 教会とか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 工場と工房と:

« 三回め | Main | 教会とか »