« Kindle Paperwhiteがやつてきた | Main | ほんとに好きなの? »

Friday, 15 August 2014

渋谷と飯田とイヴェント情報

今年の夏も、渋谷ヒカリエの川本喜八郎人形ギャラリーではイヴェントが開催されてゐる。

渋谷ヒカリエ8F「川本喜八郎人形ギャラリーガイド」と銘打つて、8/11(月)~20(水)まで13:00~17:00、川本プロダクションの人やおそらく人形遣ひの人がゐて、いろいろ説明してくれるのらしい。人形の操作などは14:00~15:00のあひだやるのださうである。

去年もおなじイヴェントに行つて、実盛を操作させてもらつた。顔つきからいつて、実際に髪の毛も髭も黒いころの実盛なんぢやないかと思ふ。
今年は誰かなあ。

8/13(水)~17(日)の13:00~17:00には、おなじヒカリエ8Fの「防災センター会議室」で人形劇の「平家物語」の上映会も行はれる。
といふか、いままさに行はれてゐるのか。
今年は瓶子が倒れたり、五条大橋があつたり、義仲が出てきたり、いろいろ楽しいぞ、きつと。

といふわけで、今年も行く気満々なのだが、まだ行けてゐない。
上映会の方はほとんど見られないかもしれないなあ。

三年前の上映会は「人形劇三国志」からより抜き上映だつた。
この話は、ここでくどいほど書いてゐる。
PARCO劇場に「其礼成心中」を見に行つた帰りにヒカリエに立ち寄つて、途中から「赤壁の戦い」を見て、なんかすつかり「其礼成心中」のことなど忘れ去つてしまつたのだつた。あれは暑い日のことだつた。
多分、あの日「赤壁の戦い」を見なかつたら、いま自分はかうしてゐないし、ヒカリエにも足繁く通ふことはなかつたらう。
あそこから人生狂つてしまつたのだ。

一方、飯田市川本喜八郎人形美術館では、8/19(火)まで、「人形活劇 新・三銃士」の人形が展示されてゐる。
川本喜八郎の人形ではないけれども、三銃士の人形たちはこの美術館に寄贈されたのだといふ。
ちやうどいま再放送中なんだよね。
あの人形も間近で見たい、とつねづね思ひつつ、19日までに飯田に行く算段ができなかつた。ショックである。
ここ二年ほどは同美術館では8/23の川本喜八郎の命日に「死者の書」を上映するのだが、今年はまだそのお知らせが出てゐない。
「八月のアニメーション」のお知らせには、「8/23は別の作品を上映する」とだけ書いてある。
おそらく「死者の書」を上映するのではないかなあと期待してゐるのだが。
そんなの、DVDを買つて自宅で見ればいいぢやん、といふ話もあらう。
やつがれもさう思ふ。
その方が安上がりだし、ひとりで何度も楽しめる。
でも、大きい画面で見てみたいんだよね。

去年一昨年と8/23は平日だつたのであきらめてゐたのだが、今年は土曜日。
なんとか行けないものかと思ふ。
8/23といへば忠武侯の命日でもある。こちらは旧暦だけれども。だから「秋風」なわけだな。
夏の飯田は日中はとても暑いと聞いてゐる。
でも夜は気温が下がるのださうな。滅多なことでは熱帯夜にならないといふ。
暦の上ではDecember……つてそれは去年のネタだよ……もとい、暦の上では秋になつて久しい。
秋の気配を感じつつ、「死者の書」を見て、夜はしんみり一杯、といふのがやつてみたいんだが、どうなることやら。

いづれ、渋谷には行くつもりでゐる。
行つたらまたここでしつこく書くつもりである。
今年は誰に会へるのかなあ。

|

« Kindle Paperwhiteがやつてきた | Main | ほんとに好きなの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 渋谷と飯田とイヴェント情報:

« Kindle Paperwhiteがやつてきた | Main | ほんとに好きなの? »