« メモ魔考 | Main | ちよこつと進む »

Monday, 14 July 2014

嗚呼勘違ひ

できてゐた。
どうやらさういふことらしい。

去年編み始めたかぎ針編みのスカーフは、去年の段階でできあがつてゐたらしいことが判明した。

「風工房のシンプル夏ニット、こもの」に掲載されてゐる玉編み模様のスカーフである。

Crochet Scarf

編まうと思つた理由は三つ。
ひとつは、夏用のマフラーがほしかつたから。
ひとつは、七宝模様が好きだから。
ひとつは、ハマナカポームでマフラーを編んでみたかつたから。

最初の理由に説明はゐるまい。
おなじ本から、リネンのスカーフを去年編んだ。
スカーフといふよりは、ショーレット(ちいさいショールのことをかう呼ぶ)といふ感じなので、ちよつとかさばる。
しかもスラブ系の糸なので、ちよつとカジュアルなんだよね。まあ、このスカーフはそれがいいんだけども。
で、見るからにレースつぽいスカーフがほしいな、と思つたわけだ。
ちなみに、リネンのスカーフといふかショーレットの方も棒針編みのレース模様ではあるのだが。

ふたつめの理由は、まあ、好きだから、としか云ひやうがないな。
タティングレースでも七宝模様が好きで、藤戸禎子の本に載つてゐる替襟も前から作りたくてたまらない。替襟なんぞは作つても使ふまいなと思つて作らないだけで、実際は似たやうなものを作つたりしてゐる。

みつつめの理由は、ハマナカのポームで編んだものは肌触りがやはらかいときいてゐたので、一度スカーフのやうなものを編んでみたいと思つてゐた。洗つて使へる、とも書いてゐる人もゐたしね。
実際編んでみて、レース糸のせゐか模様のせゐか、思つたほどやはらかなくないんだけど……まあ、今後使つてゐるうちに変はつてくるかもしれないな。

これを編むのに、えらい時間がかかつてしまつた。
理由は単純で、細い糸を細い針で編むから、である。
細いといつてもエミーグランデくらゐなのかな。かぎ針もレース用の0号ではある。
しかし、この糸と針とで前の玉編みに編みつける形で次の玉編みを編む、といふのは、なかなか至難の技であつた。やつがれにとつては。

もともと、くさり編みの途中にピコを編みつけるのが苦手である。
いいなあと思ふマフラーなんぞがあつても、「あー、くさり編みの途中にピコがあるのかー」といふのであきらめることもあるほどだ。
なぜくさり編みの途中に編みつけるピコが苦手なのかといふと、どこに針を刺したらよいのかわかりづらいからである。
大抵のあみものの本には、ちやんと「ここに針をさすのですよ」とばかりにわかりやすい絵がついてくる。
それを見てもうまくできないんだよねえ。
絵のとほりにやつてゐるつもりで、できあがるピコはどうも写真のそれとちがふ。もはや「ピコ」と呼んでいいものかどうか、悩むほどである。
細編みに編みつけるピコはいいんだけどなあ。

玉編みで七宝模様を作るこのスカーフでは、細編みに玉編みを編みつけ、さらにその玉編みに次の玉編みを編みつけて、最後に細編み、といふ要領で編み進んでゆく。
細編みに編みつける方はまだしも、玉編みに玉編みを編みつけるときつて、どこに針を刺すんだ?
試行錯誤をつづけることしばし。
一番最初に編んだあたりと、一番最後に編んだあたりとでは、針を刺す位置がことなつてゐる。
まあ、スカーフを見たところで、しかとそれとはわからないとは思ふけれども。

そんなわけで、編むのに異様に時間がかかつてしまつた。
去年のうちに完成させるのをあきらめて、昨日、久しぶりに手に取つてみた。
本にはハマナカポームを三玉強使ふことになつてゐた。
去年、四玉めに入つたところで、力尽きた。
三玉編みきつたところでは、まだ長さが足りない気がしてゐたんだよね。
それで、昨日、また再開して、でも、なんだかもう十分長いやうな気がした。
本を見ると、138段だか編む、と書いてある。一段1cmだから、138cm。それくらゐがいいだらうな。うむ。
自分の編んだものを数へてみると、なんと、201段もある。長さも138cmはとつくに超えてゐる。

なんだよ、去年のうちに編み終はつてたんぢやんよ。

なんだかがつくりしてしまつた。

がつくりしてはしまつたが、糸端の始末をして、水通しをして、のばして乾かしてみた。
手触りは、上にも書いたとほり、期待してゐたほどやはらかくはならなかつた。
でもまあ、編んでゐる途中気になつてゐた模様の不揃ひな部分はあるていど解消されたから、いいかな。

夏でもわりと濃い色の服が多いので、かういふ色のこものはいいんぢやあるまいかと思つてゐる。

さて、次はやはり去年編むつもりで買つておいたハマナカのフラックスCがあるのだが……おなじ「風工房のシンプル夏ニット、こもの」から、ショールを編むつもりでゐる。
棒針編みのレース模様なのだが、今回このスカーフを作るにあたり、「かぎ針編み、楽しいなあ」と思つてしまつたんだよねえ。
久しぶりにかぎ針編みだつたからかもしれない。
201段にもなつてしまつたのは、実は「編みはじめたら楽しくてやめどきが見つからなかつたから」といふのも理由だつたりするし。
おなじ本に、フラックスCを使つたかぎ針編みの三角ショールもある。
そつちにしやうかなあ。
あ、でも、なんとなくピコが多いんだよね、この三角ショール。
糸の色は気に入つてゐるので、早く編みはじめたいのだが。さて。

|

« メモ魔考 | Main | ちよこつと進む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嗚呼勘違ひ:

« メモ魔考 | Main | ちよこつと進む »