« 棚卸 | Main | 流転無恆處 »

Tuesday, 27 May 2014

修行

先週、80番の糸でタティングしてみた話を書いた。
DMCのスペシャルダンテルは細いけれども、結びやすい糸ではある。
結びやすい糸ではあつても、こちらの技量が追ひつかねばどうしやうもない。
そんなやうな話だ。

といふわけで、その後、すこし太めの糸でタティングしてみました、といふ結果がこの写真である。

Tabathas

Kersti AnearのデザインしたTabathaといふ栞を作つてみた。
上が40番、下が20番の糸で作つたものである。どちらも糸はLisbethだ。

最初に作つたのは、下の20番手の方である。
日曜日にNHK教育TVの将棋を見ながら作つた。
といふわけで、一時間半くらゐでできたわけだ。
やつがれは手が遅い方なので、早い人なら一時間もかからずにできるのだらう。

Lisbethの20番は、総じて結びやすいと思ふ。
確かLisbethで一番最初に出たのが20番の糸だつた。
三玉ほど買つて、そのときは大して感銘をうけなかつた。
「こんなものかな」くらゐに思つてゐた。
販売元のHandyHandsから、「最初のLisbethの糸の品質がよくないので、作りなほしてもらひました。今回はそれを送ります」といふて、新たな糸が三玉やつてきたのは、購入後どれくらゐたつてからのことだつたらうか。
まあ、見違へるほどによくなつてゐたね。びつくりだ。いままでのアレはなんだつたんだらうといふらゐよくなつてゐた。

その後、もつと細い糸や太い糸などヴァリエーションも増えて、本邦でも店頭で取り扱ふ店があつたりして、結構この糸を使つてゐる人は多いんぢやないかと思ふ。
ちなみに、Lisbethを扱つてゐるのを見たことがあるのは、越前屋とドヰ手芸とである。いまもあるかどうかはわからない。

閑話休題。
下の栞を作るのに使つた糸も、とてもタティングのしやすい糸だ。
タティングのしやすい糸の場合、リングを引き締めるときに引き締めすぎることがない、とは以前書いた。
今回もそんな感じだつた。
ところが、ここにひとつ問題があつた。
Tabathaは、20番で作ると大きくなりすぎてしまふのである。

栞の下にあるのは、新書サイズの本のカヴァである。そのカヴァから栞がはみだしてゐる。
いや、それはちよつと、大きすぎるだらう。
文庫本に使つたら、完全にはみ出てしまふ。はみ出しすぎてしまふ。
ぬーん。忘れてゐた。

といふわけで、おなじ日曜の夕方ごろから、今度は上の40番の糸でおなじ栞を作つてみた。
サイズとしては、許容範囲だらうか。
文庫に使つたらやはりはみ出さうだけれども、なに、栞は多少ははみだしてナンボだし。

先に20番を使つたせゐだらうか、40番のときはなんだかやりづらかつた。
シャトルに巻いた糸に妙にねぢりが入つてゐたこともある。
多分、巻き付ける時に変な撚りが入つてしまつたのだらう。
それでリングを引き締めるときに、糸がねぢれてしまつて、うつかりすると糸にこぶができさうな感じだつた。実際できたこともあつたしね。

Lisbethは20番が一番いいのかもしれないなあ。
そんなことも思つたりする。

いづれにしてもさらなる精進が求められる。
20番で練習すればいいか知らん。

ところで、この栞、どちらも一番最初の部分に誤りがある。
ぐるつと回つて最初に戻つてきてはじめて気がついたので、どちらもあとの祭りだつた。
どうかしてるのかな。
どうかしてるのかも。

|

« 棚卸 | Main | 流転無恆處 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 修行:

« 棚卸 | Main | 流転無恆處 »