« 美PowerPoint道 | Main | 無用の用 »

Thursday, 01 May 2014

2014年4月の読書メーター

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2238ページ
ナイス数:7ナイス

三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)感想
毒舌家の本は読まないやうにしてゐる。真似したくなるからだ。毒舌家には藝がある。毒舌をきかせる技がある。それがないのに真似だけしても愚かなだけだ。ゆゑに著者の本は敬して遠ざけて来たのだが、「李白と杜甫」がおもしろかつたので、つい……。「「曹操」「劉備」なのになぜ「諸葛亮」と書かぬのだ!」と怒るやつがれは間違つてはゐなかつたのだー、と、ちよつと安心できる一冊。
読了日:4月3日 著者:高島俊男
正史 三国志〈4〉魏書 4 (ちくま学芸文庫)正史 三国志〈4〉魏書 4 (ちくま学芸文庫)感想
孫礼の管仲評に腹がよぢれるのではないかと思ひ、いはゆる魏志倭人伝の「人々は生まれつき酒が好きである」に「そーよねー」と思ふ。長いものとか虫とかが苦手な人は華陀伝は避けた方が吉。
読了日:4月9日 著者:陳寿,裴松之
墨攻 (文春文庫)墨攻 (文春文庫)感想
読む前に「墨子」の抜粋版を読んだ。その時感じた気持ち悪さや「ムリ! 絶対ムリ!」といふ印象が、実によくあらはされてゐて、改めて感心することひとかたならず。
読了日:4月11日 著者:酒見賢一
漢文法基礎  本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)感想
ここのところ漢文の本を読むやうになつたので、復習のつもりで読む。いろいろすつかり忘れてゐる。「なんでこんなものを読んでゐるのか」と時々思ふが、「<無用の用>だよな」と思ふことにしたい。
読了日:4月16日 著者:二畳庵主人,加地伸行
日本文法 口語篇 (岩波全書 114)日本文法 口語篇 (岩波全書 114)感想
文法を学ばねば、といふので読んでみた。もつと入門書的なものを選ぶべきだつたのかもしれないが、まあ、よしとしたい。可能を表現するとき「ら抜き」することもあるよね、とか書いてあつて、「もうこのころ(初版は1950年発行とのこと)からかー」とか、感慨深い。
読了日:4月24日 著者:時枝誠記
The Amazing Thing About the Way It Goes: Stories of Tidiness, Self-Esteem and Other Things I gave Up OnThe Amazing Thing About the Way It Goes: Stories of Tidiness, Self-Esteem and Other Things I gave Up On感想
著者のあみもの関連以外の本を読むのははじめてである。あみもののときも思つてはゐたが、結構しつこい書きつぷりである。ゆゑに時々ダレる。表題作である母親としてあることについて書いた文章や、self-esteemに関する文章などには、ちよつと身につまされたりした。
読了日:4月30日 著者:StephaniePearl-McPhee

読書メーター

|

« 美PowerPoint道 | Main | 無用の用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2014年4月の読書メーター:

« 美PowerPoint道 | Main | 無用の用 »