« おとなになつたら連綿体 | Main | 最近のノートとペンの組み合はせ »

Thursday, 20 March 2014

過ぎ去りしせりふの時代

今年の夏は、京都で三谷幸喜の文楽「其礼成心中」を上演するといふ。
大阪でないのはなぜなのか、と考へて、いろいろ邪推はできるけれども、でもまあ、ひとまづ、関西で上演が決まつたことはめでたい。

二年前の初演を見て、去年の再演は見なかつた。
初演を見たときに、「これはやつがれの求めてゐるものではない」と思つたからだ。

初演のときに、「なんでいままで文楽ではこれができなかつたのか」と思つた。
それくらゐおもしろかつたといふことだ。
文楽には、さまざまな演目がある。
いつでも心中物や時代物ばかり上演してゐるわけではない。
景事もあれば、新作もある。なかには喜劇的なものだつてある。
それでもなほ、「其礼成心中」は新しかつた。
よくできてゐる。
さう思つた。

さう思つて、しかし、「でもこれはなにか違ふ」と思つた。
その所以は、「覚えたいと思ふことばが出てこないから」。
これに尽きる。

以前も書いたやうに思ふが、「其礼成心中」には、「曽根崎心中」と「心中天網島」とから、道行の場面が取り込まれてゐる。
床の太夫が、あの文言をそのまま語る。

そのことばと、「其礼成心中」のことばとは、なにかが圧倒的に違つて聞こえた。
なにか、といふのはうまく説明できない。
密度、かもしれない。
空気、かもしれない。
こんなことを書いても詮ないことだが、経てきた時間、なのかもしれない。

いづれにしても、「其礼成心中」には「この世の名残夜も名残」であるとか、「ころは十月十五夜の月にも見えぬ身の上は心の闇のしるしかや」に匹敵するやうな、「どうしても覚えたい」「覚えずにはゐられない」といふことばがなかつた。
どうしても覚えたいことばといふのは、同時に何度でも聞きたいことばでもある。

そんなわけで、「一度でいいや」と思ひ、再演にはゐかなかつた。
行かうと思つても、席が取れなかつたかもしれないがな。

浄瑠璃とか芝居といふものは、さういふものだと思つてゐる。
さういふものとは、つまり、「覚えたいことば」「覚えたいせりふ」のつまつたもの、といふことだ。
さうでない芝居はつまらない。

新歌舞伎や新作歌舞伎のぴんとこない点もそこにある。
「これ!」といつたせりふがないのだ。
結果、「まあ、眞山青果だつたらいいかなあ」といふことになる。あるいは岡本綺堂の何作か。
芝居を見るやうな人の多くが「退屈」といふ「河内山」も、ゆゑにやつがれは嫌ひではない。あれはね、せりふのいい役者で見たらたまらないよ。聞いたら、かもしれないけれど。

多分、いまは「せりふの時代」ではないのだ。
新橋演舞場で上演されてゐるスーパー歌舞伎II「空ヲ刻ム者」を見てもわかる。
せりふよりも、内容。
どれだけ感動させられるか、どれだけ客をひきつけることができるか、といふのは、芝居の内容にかかつてゐる。
さう感じる。

さういふところ、自分はどうにも古い人間なのかもしれんなあ。

ところで、去年あたりからずつと漢詩の「マイ・ブーム」がつづいてゐる。
これまでも忘れたころに漢詩の「マイ・ブーム」はやつてきて、いつのまにか去つていつた。
今回はいつになくしつこくつづいてゐる。
漢詩もまた、覚えたいことばの宝庫だからだらう。
といふことに、ついさつき気がついた。
よつて云爾。

|

« おとなになつたら連綿体 | Main | 最近のノートとペンの組み合はせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 過ぎ去りしせりふの時代:

« おとなになつたら連綿体 | Main | 最近のノートとペンの組み合はせ »