« 最近のノートとペンの組み合はせ | Main | 費やした時間で達成感を得るか »

Monday, 24 March 2014

なぜ編むのか

自分はほんたうにあみものが好きなのだらうか。

そんなことを考へてしまつたのは、_Free-Range Knitter_を読んだからである。

_Free-Range Knitter_は、副題に_The Yarn Harlot Writes Again_とあるとほり、_Yarn Harlot_の続編といつた趣の作品である。
The Yarn Harlot こと Stephanie Pearl-McPheeは、_Yarn Harlot_を出版した後もいろいろと本を出してゐる。その本は、_Yarn Harlot_につづくものではない、といふ判断なのだらう。

著者があみもの好きでなかつたら、誰をあみもの好きといふのか。
blogを読んでゐる人なら、さう思ふかもしれない。

しかし、_Free-Range Knitter_を読むと、そこのところのアイデンティティを考へさせられる。

たとへば、なぜあみものをするのか。
あみものが好きだから。
それは当然あるだらう。
けれども、著者はいふ。
「正気でゐるために、あみものが必要なのだ」と。

たとへば、銀行や役所で長い行列に並んでゐるあひだ。
たとへば、医者に行つて順番待ちをしてゐるあひだ。
あるいは、映画を見てゐる最中でさへ、著者はあみものが必要だといふ。
すべては「正気でゐるため」「節度を保つため」だ。

わかるなー。
なんとなく、わかる。
この本の中にも、「あみものをするなんて、我慢強いのね」みたやうなこを云はれることがある、といふやうなことが書いてある。
「それはちがふ」と、著者は云ふ。
我慢強くないから、短気だから、辛抱たまらぬから、あみものが必要なのだ、と。
あみものさへしてゐれば、待ち行列にも耐へられる。
手を動かしてゐれば、診療所の退屈な待合室にも座つてゐられる。
映画を見てゐるときに手が動いてゐないなんて、もつたいないぢやない。

最後だけはちよつと違ふか。
しかし、まあ、さういふことなのだ。
と、やつがれは思つてゐる。

ところでやつがれは、普段持ち歩く荷物が多い。
一時よりはだいぶ減らした。それでも毎日かばんが重たい。
それはなぜかと考へると、理由はいろいろある。
ひとつには、出かけたくないから。ひとつには、なにか自分を守るものがほしいから。ひとつには、持ち歩くものを厳選できないから。
そして、出先で突然することがなくなつてしまふことに耐へられないから。

そんなわけで、タティングシャトルにはいつも糸を巻いてあるし、巻いてゐる暇がないときには、糸ごと持ち歩いてゐる。
タティングシャトルを持ち歩くわけは、その方があみもの道具よりは小さくて軽いから。
それにすぎない。
実際、以前はあみかけのくつ下やマフラーを常に持ち歩いてゐたしね。赤坂駅で人を待つてゐるときに、エミーグランデでポットホルダーを編んでゐたこともある。

つまり、なにもしてゐない状況に耐へられないのだ。
そして、そのなにもしてゐない状況から逃れるには、あみものが(そしてやつがれの場合はときにタティングレースが)必要なのである。

時間をつぶすんだつたら本を読んだりスマートフォンをいぢつてゐたりすればいいぢやない。
さうも思ふ。
実際に、本もつねに持ち歩いてゐるしね。

でもそれぢやあダメなんだなあ、といふ話は、次回の講釈で。

|

« 最近のノートとペンの組み合はせ | Main | 費やした時間で達成感を得るか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/59348320

Listed below are links to weblogs that reference なぜ編むのか:

« 最近のノートとペンの組み合はせ | Main | 費やした時間で達成感を得るか »