« 苦手克服策 | Main | その後のユビキタス・キャプチャー »

Tuesday, 04 March 2014

可愛いお道具

GR-8 Tatting Shuttle Bloodwood

タティングシャトルつて、可愛い。
いつもさう思ふ。

まあ、中には巨大なのもあつて、お世辞にも「可愛い」とは云へないやうなのもないわけぢやあない。
しかし、たとへばクロバーの一般的なシャトルなんかは、見てよし手に持つてよしさらに握つてよし、と、三拍子そろつた可愛さだと思ふ。
長さ、厚み、重さが絶妙なんだと思ふ。

これが棒針だとさうでもないんだよなあ。
ミニ棒針なんかは可愛いと思ふけれど、普段使つてゐる輪針や四本針・五本針は、「優秀!」と思ふことはあつても、「可愛い!」と思ふことはない。

かぎ針もさうかな。
かぎ針は、昔クロバーが販売してゐた木軸のものがお気に入りである。6/0号一本しか持つてゐない。ゆゑに、なんとなく6/0号を使ひたい気分になつたりする。
このかぎ針はもちろん使ひやすいし、佇まひも大変結構なんだけれども、やはり「可愛い」といふ感じではない。

スピンドルには「可愛い」のもあるな。こぶりなものとか。トルコ風スピンドル(Turkish spindle)の手のひらサイズなんて、実に可愛い。

でもまあ、可愛さといふ点でタティングシャトルに勝てるお道具は、そんなにない。
少なくともやつがれの手元には。

写真はGR-8 Shuttleである。木はBloodwood。
もともと、黒檀で作つてもらつたGR-8 Shuttleがあつたので、「次は赤だな」と思ひ注文したものだ。
Webサイトには血のやうに赤いBloodwoodのシャトルの写真が掲載されてゐる。
やつがれのBloodwoodのシャトルは、そんなに赤くはない。深みのある赤茶色、といつたところだらうか。

黒檀もBloodwoodも密度の高い木なのらしい。
スピンドルを見てみればわかる。
おなじサイズのスピンドルでも、MapleのものとBloodwoodのものとを比べると、Bloodwoodの方が重たいことが多い。
ゆゑに、やつがれのGR-8 Shuttlesも、それなりに重たい。以前も書いたとほり、重たいのはねぢの部分のせゐである。せゐではあるけれども、おそらくほかの木にした方が軽かつたらうな。そんな風に思ふ。

手にしたときにちよいとずつしりくる。
これがまた、いいんだよねえ。
クロバーのシャトルはちいさくて軽くて可愛いけれど、GR-8 Shuttleはちいさくて重くて可愛い。
そんな感じかな。

見てゐると使ひたくなつてくるのが人情なのだが、さて。

|

« 苦手克服策 | Main | その後のユビキタス・キャプチャー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 可愛いお道具:

« 苦手克服策 | Main | その後のユビキタス・キャプチャー »