« 費やした時間で達成感を得るか | Main | Fragrance Pot買ふた »

Wednesday, 26 March 2014

うつ病になりづらい人

自分はうつ病にはならない。

多くの人がさう思つてゐるといふ。
やつがれもまた例外ではない。
自分はうつ病にはならないと思つてゐる。

なぜか。

先日、「かういふ傾向のある人はうつになりにくい」といふ呟きがまはつてきた。
曰く、部屋の汚い傾向がある。
曰く、遅刻をしやすい。
曰く、感情や好不調に波がある。

ほかにもいくつかあつたけれど、いづれもなんとなくあてはまる。

世に云はれてゐるやうに、うつ病になる人は、生真面目で完璧主義な人なのだらう。
それは、やつがれからはもつとも遠い存在だ。

こんなことを書くと、「ふざけやがつて」と思はれるかもしれない。
うつで苦しんでゐる人のことを考へないのか、と。

実は、もうひとつ、以前から「だから自分はうつ病にはならない」と信じてゐる、その根拠がある。
それは、「自分はもともとうつ状態が常態だから」といふことだ。

うつ病のセルフチェックといふものがある。
職場などでも「チェックしてみませう」といふのでリストがまはつてくることもある。
チェックして、いつも結果は「うつ病の疑ひがあります」だ。
診断結果の細かさに応じて、「軽いうつ病」だつたり単なる「うつ病」だつたり、ちよつと異なることはある。
だが、うつ病の疑ひがない、といふ結果はついぞ見たことがない。

それつて、いつもさういふ状態にゐるつてことなんぢやないか。
いつでも気分が落ち込みやすく、楽しいこともあまりなく、疲れやすくて、とくに朝は陰鬱な心持ちになりやすい。
なにをしてゐても、「こんなことしてなんになる」と思つてしまふ。
自分はさういふ性質の持ち主なのではあるまいか。

無論、うつが常態だからといつて、生きやすいわけではない。
むしろ、自分の常態はうつであると思ふやうになつて、「ああ、だから生きづらいのか」と気がついた。
この世は、気分が落ち込みがちな人間の住みやすいやうにはできてはゐない。
前向きな人、快活な人、明るい人向けにできてゐる。
ビジネス書や「ライフハック」などと呼ばれる本には「ネガティヴな考へ方をする人とはつきあはないやうにしませう」などと書かれてゐたりするほどだ。

ネガティヴ思考はいけないことなんだらうか。
つねにうしろ向きで、陰鬱で、暗い人間は、生きてゐてはいけないのだらうか。

そんなことはない。
まあ、実は、ときどき、「生きてちやいけないのかもなあ」と思はないこともない。
でも、それでは「やつら」の思ふツボだ。
「やつら」、それは、「明るくて前向きな人でなければ認めない」と思つてゐる、実体のない存在、「majority」などと呼ばれる存在だ。

気分が落ち込みがちだつていい。
なにごとも悪い方にしかとらへられない、それのなにが悪い。

かうやつて反抗的にものごとを考へてしまふから、ますます世の中生きづらいんだな。
うむ。

もし、自分がうつなのだとしたら、それは持病だ。
だつたら医者に行くべきなのか。
それはちよつと考へないでもない。

|

« 費やした時間で達成感を得るか | Main | Fragrance Pot買ふた »

Comments

とっても納得しました。

鼓舞する自分と本当の自分がいるから。

バランスとりながら毎日をクリアしているから。

Posted by: 銀杏 | Tuesday, 01 April 2014 09:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference うつ病になりづらい人:

« 費やした時間で達成感を得るか | Main | Fragrance Pot買ふた »