« ながら族ですが | Main | 2014年2月の読書メーター »

Friday, 28 February 2014

つめ込め

つめ込み学習は、いけないことなのだらうか。
ずつといけなぃといふ論調があつて、なんだかさういふものなのだと思ひ込まされてゐる。
そんな気がしてならない。

いまの世の中、適切な検索語さへひき出せれば、記憶してゐなくてもなんでも探し出せる。
「ググれ」ばいいのだ。
さうも云はれてゐる。
だが、そもそも知らなければ検索しやうがない。検索しやうとさへ思はないだらう。

だいぶ前にある著名人が昔のバンド仲間に会つて楽しかつた、といふやうなことを呟いたことがある。昔のバンド仲間の名字はたまたま時の閣僚のひとりと同じだつた。
それを見て、「大臣に会ふのがそんなに晴れがましいことか」とかみついた人がゐて、ちよつと話題になつた。

かみついた人は知らなかつたのかもしれない。
呟きの主が過去には超絶有名な音楽グループにゐたことを。
そして、メンバーにとある大臣と同じ名字の人がゐたことを。
と、思ふてゐたら、世の中の反応はちがつた。
知つてゐて当然。
知らなかつたら「ググれ」。
知らないから、検索しやうなんて発想が生まれないのだらう、とは思つてもみないんだらうなあ。

知らなければ、調べてみやうなんぞとは思はない。
知らないから知りたい、と思ふといふことは、少なくともとつかかりについては知つてゐる。
入り口には立つてゐる。

まあ「なんで空は青いんだらう」だとか「なんで花は咲くんだらう」だとかいふ疑問を抱いて調べるむきもあるわけだが。
「あたりまへ」といふとらへ方をすると、調べてみやうなんぞとは思はない。
さういふことだらう。

だとしてもつめ込む必要はないのではあるまいか。
それはそのとほりだ。
でも、覚えてゐると楽しいことは世の中にいくらもある。
たとへばある和歌を読むとして、その歌よりも昔の歌に造詣が深ければ、「あ、この歌はあの歌をもとに詠んだものなのだな」とわかることもある。
知らなかつたら全然わからない。
そんなものがあるだなんて思つてもみないだらう。

記憶力のよい時期といふのはかぎられてゐる。
その時につめ込むのは至極合理的なことだと思ふがな。

|

« ながら族ですが | Main | 2014年2月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference つめ込め:

« ながら族ですが | Main | 2014年2月の読書メーター »