« あたたかいもの二点 | Main | 駆け込み需要 »

Tuesday, 18 February 2014

指を怪我して

日曜日に、左手の中指をはさみで切つてしまつた。
第二関節のほぼまんなかあたり。掌側だ。
普通、5分くらゐで血は止まるといふ話で、10分くらゐはちよろちよろと出てゐた。
止まつたところで洗つて絆創膏を貼つて入浴した。

怪我をしてわかつたのは、この部分といふのはあまりものに触れることがないのだな、といふことだ。
気をつけてゐるからといふのもある。でも、どんなに気をつけてゐても、手などはいづれどこかに触れてしまふものだと思つてゐた。
起きるときにうつかり柱をつかんでしまつた、とか、ちよつと傷のあたりをものがかすめた、とか、さういふことはあるけれど、一日に二三回あるかどうかだ。

それで、治り具合はいいのか、といふと……うーん、どうなんだらう。よくわからない。
毎日絆創膏を貼りかへてはゐるものの、あまりよくなつてゐるやうすはないんだよなあ。
まあ、刃物で切つたわけだし、そんなにかんたんに傷口がくつついたりはしないか。

そんなわけで、手藝が進まない。
今日の昼は、おそるおそるタティングシャトルを手にしてみた。
シャトルの先が傷口付近にあたりさうで、ひやひやしやがらのタティングだつた。
シャトルの先は気をつければすむけれど、問題はリングをしめるときに発生した。
中指の自由がきかなくて、リングをうまくつかめないのである。
したがつて、右手で芯糸をうまく引けない。
仕方なく、リングをひとつ作つたところでタティングはあきらめてしまつた。

あみものもそんなわけでしてゐない。
グランメリノでなんか編むつもりなんだけれどなあ。
それに、ここのところ棒針編みばかりだつたので、久しぶりにかぎ針を手にしたい気もしてゐる。

しかし、なあ、怪我したあたりに針があたつたら、と思ふとなかなかふんぎれない。
それに、左手なので、糸のテンションもうまくたもてない気がする。
今日タティングをしてさう思つた。
ちやうど絆創膏の上に糸が乗つたりして、うまくいかないのである。

といふ、すべては云ひ訳で、なんだか新たなものをはじめる気がしないんだよね。
早くしないと春になつてしまふといふのに。

とりあへず、早く怪我が治りますやうに。

|

« あたたかいもの二点 | Main | 駆け込み需要 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 指を怪我して:

« あたたかいもの二点 | Main | 駆け込み需要 »