« 最近持ち歩いてゐるかばん | Main | 編み上がりはしたものの »

Friday, 24 January 2014

色鉛筆ならこれ

色鉛筆は、ファーバー・カステルのポリクロモスが好きである。
こつくりとした書き味なところがいい。
重ね塗りしたときの油ののつた感じも好きだ。
発色のよさは云ふにや及ぶ。
百二十色と色も多彩である。

やつがれは絵を描くわけではない。
色鉛筆は主に傍線を引くのに用ゐる。
そんなことのためにポリクロモスを使ふのか。
もつたいない使ひ方ではある。
しかし、筆圧のあまり高くない人間にとつて、なめらかな書き味と鮮やかな発色とはなにものにも変へ難い。
だつたら蛍光ペンを使へばいいのに、といふ向きもあるだらう。
残念ながら、蛍光ペンは苦手なのだ。
傍線を引くといふよりは、塗りつぶす感覚がダメだ。
褪色するならするでもつと枯れた感じになればいいのに、なんだか薄汚れてみすぼらしい感じに色褪せる。

現在手元にあるのは、May GreenとPrussian Blueの二色だ。
上記のとほり、主に本などに傍線を引くのに使つてゐる。
May Greenはちよつと芯が硬いかな。筆圧の低い人間が使ふと、普段より圧力をのせないと色がつかない感じはする。
色鉛筆でPrussian Blueといふと、朱色との組み合はせで二色色鉛筆を思ひ起こす。
ファーバー・カステルのPrussian Blueは、若干緑がかつてゐて、これまた若干淡い色合ひだ。やつがれの筆圧では「紺色」にするには、かなり色を重ねる必要がありさうだ。

ポリクロモスは、軸が丸くて芯が太いところも気に入つてゐる。
傍線を引くなどといふ用途の色鉛筆としては、破格の価格だと思ふ。
でもまあ、一本買へば、かなり長いこと楽しめるわけで、さほどの贅沢とも思へない。
といふよりは、思ひたくないんだな。

絵が描けるのなら、ポリクロモス一本だけで描いてみたい。
重ね塗りの濃淡で、おもしろく描けるのではないだらうか。
やつてみればいいのか。

|

« 最近持ち歩いてゐるかばん | Main | 編み上がりはしたものの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/59004067

Listed below are links to weblogs that reference 色鉛筆ならこれ:

« 最近持ち歩いてゐるかばん | Main | 編み上がりはしたものの »