« 眠ればいいのに | Main | 2014年1月の読書メーター »

Friday, 31 January 2014

ちよつとした変化

ココログでは、特に設定をいぢらないと、一度に十件のエントリを表示するのらしい。
「らしい」といふか、さうなつてゐるからさうなのであらう。

そんなわけで、二週間に一度は川本喜八郎人形ギャラリーなり飯田市川本喜八郎人形美術館のことを書きたいと思つてゐる。
このブログを表示したときに、一件でも彼らに関する話題があると嬉しいからだ。やつがれが。

などと書きつつ、ここのところ彼らについてはなにもないエントリがつづいてゐた。
もう一月も終はる。
一月の川本喜八郎人形ギャラリー模様について、ちよこつと記録を残しておきたい。

この前の年末年始もさうだつたやうに、今回も渋谷ヒカリエにある川本喜八郎人形ギャラリーではちよつとした展示替へがあつた。
入口前のガラスケースの展示が正月仕様になつてゐた。
麻鳥とその子らが立つてゐるケースが、年末から年始にかけて、迦葉になつてゐた。
髪を結ひ、紫地に金糸で鳳凰(だらう)を描いた豪勢な着物を着てゐて、三番叟の持つてゐるやうな鈴のやうなものを掲げて立つてゐた。

展示替へはそれだけ。
そのつもりで中に入つてみたらばこは如何に。

北条義時の目が、前を向いてゐるではないか。
以前も書いたやうに、義時は、目だけ左の方を見てゐて、それがなんともよかつた。
そんな義時を左側から見たときのやうすのいいことといつたら。
北条義時といふのは、こんなにいい男だつたのかのう。
さう思ふことしきりであつた。

その義時が、真正面を見てゐる。
いや、まあ、いいんだけど。

さう、これがまたいいのだ。
正面を見てゐると、趣が変はつて、それはそれでいいんだなあ。
さうして見ると、義時は結構いい男に作られてゐることがわかる。
左を見てゐる義時の方が好きではあつたけれど、正面を見てゐる義時は、それはそれでいい。
さう思つた。

目を左に転じると、定綱もちがふ。
定綱は、前はすこし顎をあげた感じであつた。
頼朝の乗る馬の手綱を手に、わづかに馬を見上げるやうな、そんな感じで立つてゐた。
その定綱が、顎を引いてゐる。
最初は、記憶違ひかと思つてゐた。
定綱はもともとさうして立つてゐて、やつがれの記憶がまちがつてゐるのではないかと思つた。
しかし、義時のこともある。
おそらく、ちよつとばかり定綱の顎を引いたんだらうな、迦葉を飾るときに。
さうして見ると、定綱は顎を引いてゐる方がよいやうに見える。
以前より思慮深げに見えるのだ。
頼朝の忠義な家臣。
そんな感じが強くなつた。

迦葉は、1月19日まで飾られてゐた。
その後、ギャラリーをおとづれたら、なななんと、義時の目が、また左を見てゐるではないか。
なんとまあ。
この方が、胸に一物あり、といふ感じがしていい。
でも、真正面を見てゐた義時もよかつたなあ。
こんなちよつとしたことで、全然印象が変はるんだなあ。
しみじみ。

ところで、定綱は今でも顎を引いたままで立つてゐる。
定綱はこの方が好きだな。

|

« 眠ればいいのに | Main | 2014年1月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちよつとした変化:

« 眠ればいいのに | Main | 2014年1月の読書メーター »