« 手帳に書くこと | Main | 伏せ止めに悩む »

Friday, 06 December 2013

インキを補充する

Fountain Pens

朝から萬年筆にインキを補充した。
今朝は五本あつた。
どのペンもインキの量はちがふし、ペンを使ふ頻度もちがふ。
なぜ一斉に切れるのだらうか。
先日も、五本一度にインキを補充した。
このときは、「ま、次の機会でいいか」とかるく洗つたままはふつてあつたペンもあつた。だから五本くらゐあつても「そんなものか」と思つた。

しかし、インキを補充するときは一本だけといふことはまづない。
大抵三本くらゐは一緒に補充してゐる気がする。
そんなものなのかなあ。

一番左端はパイロットのカクノだ。
まさかこんなに早くインキを補充することになるとは。
だつてそんなにたくさん書いてないし。
それとも買つたばかりで、書きやすくて、うれしていろいろ書いてしまつたのかなあ。
これは細字で、もう一本中字があつて、そちらももうほぼインキがない。
中字はそれほど使つてゐないにも関はらず、である。
うーん、もしかして、カクノはインキが蒸発しやすいのか知らん。
ま、まちつと使つてみるか。
このカクノにはパイロットの色彩雫の孔雀を入れてゐる。
孔雀はほかのペンに入れてみたところ、なんとなくかたまりやすくて敬遠してゐた。カクノでは問題なく使へてゐる。

その隣がプラチナの本栖である。
インキはプライベートリザーブのアヴォカドだ。
アヴォカドもなんとなくかたまりやすい気がしてゐて、それでこのスリップシール機構のキャップをもつ本栖に入れてみた。
使ひはじめてほぼ二年半、問題なく使へてゐる。
緑色のインキは、感想用に使用してゐる。
インキの色によつてなにを書くか決めるのは、あまりよくないかもと思つてはゐる。
そのペンがないときやインキが切れてゐるときに、感想を書けないことになるからだ。
しかし、ひとつのノートになにもかも書くやうにしてゐると、この「書く内容によつてインキの色をかへる」をやつてゐるときは役立つ。ぱつと見てなにを書いてあるかわかるからだ。
そんなわけで、本栖はインキが切れると即補充するペンのひとつである。

真ん中が大橋堂のペンだ。
セーラーのスカイハイを入れてゐる。
これについてはだいぶ迷つた。このblogにもどうしやうか悩んだあとがある。
ペンを見ての第一印象は、「黒、だな」だつた。
どう見ても、黒いインキの似合ふ佇まひだ。はじめてインキを入れる前にさう云はれたことがある。
しかし、スカイハイにしてしまつた。
正解だつたと思ふ。
非常によく使用してゐるからだ。
何度か書いてゐるけれど、黒いインキを入れたペンはなぜか自然と使はなくなる。
黒のもつ断定力が苦手なのだ。
黒インキといつても、各社によつてその色合ひはさまざまなんだがねえ。さうした色の違ひを楽しむのも一興とは思ひつつ、どうも苦手だ。
もともと、細字のペンが好きといふのも理由のひとつかもしれない。細字だとインキの微妙な色の違ひが出にくいからだ。
このペンも、インキが切れると即補充するペンだ。使つてゐて気持ちがいいからだ。書き心地がふはふはとやはらかなくて、ずつと書いてゐたい欲望にかられる。
危険なペンである。

その隣がNAGASAWA オリジナル クリア万年筆である。
おなじナガサワ文具センターオリジナルのフェルメールブルーを入れるために買つた。
このペンは中細字くらゐかと思ふ。使つてみたら書きやすくて、しかもきれいに洗へてそれを確認することもできるので愛用してゐる。おなじナガサワのルノワールピンクのインキ用にもこのペンを買つた。

一番右端がパイロットのプレラだ。
ヤンセンインクのフレデリック・ショパンを入れてゐる。緑色のインキだ。これも感想用である。
本栖だと書きづらい紙とか、もつと細く書きたいときに使つてゐる。
Moleskineを常用ノートにしたときも、感想はこのペンで書く。にぢまないといふわけぢやあないが、本栖とアヴォカドの組み合はせよりはにぢみづらい。
すなはちMoleskineを使ふやうになると本栖の出番がなくなる。ここがつらい。でもまあ、スリップシール機構だから、と思ふことにしてゐる。
プレラも何本か使つてゐる。このペンが一番使用頻度が高いかな。
これがちよつとミルクティーのやうな色で、濃いコーヒーのやうな色のペンとあはせて使つてゐた。使つてゐないときも、ミルクティーとブラックコーヒーとの色の取り合はせを見てゐるだけで楽しい。

結局、コンヴァータを使つてゐるのがいけないんだよなあ。
カートリッジを使へばいいのである。
さうすれば、インキ補充の手間を避けることができる。
でも、インキ補充も萬年筆を使ふ楽しみのひとつではあるんだよなあ。
常用してゐるペンの中でには、しかし、有事にそなへてカートリッジを使用してゐるものもある。
萬年筆は切らしたくないからね。

|

« 手帳に書くこと | Main | 伏せ止めに悩む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/58706535

Listed below are links to weblogs that reference インキを補充する:

« 手帳に書くこと | Main | 伏せ止めに悩む »