« 川本喜八郎人形ギャラリー 白門楼ー呂布の最期 続き | Main | 名状し難きもの »

Monday, 25 November 2013

セーターの進捗具合

Sweater in Progress

寒くなつてきた。
もつと早くセーターを編みはじめておくのだつたなあ。
毎年、おなじことを考へてゐる気がする。

ラグラン袖のリブタートルネックセーターを編みはじめたのは十月十七日のことだ。
もう一ヶ月以上たつといふのに、全然完成する気配がない。
首から編みはじめて、胴体の減らし目部分は終はり、増やし目部分に入つたところである。
すなはち、これから裾にむかつてまつしぐら、といふ寸法だ。
まだ両袖が残つてゐるがな。
どうやら年内の完成は無理だな。

さて。
前回は、減らし目とか増やし目とかしてなんの意味がある、と書いた。
今回、例によつて「戦闘技術の歴史 4」を読みながら編みつつ、この点について考へてみた。
やはり、減らし目とか増やし目とかはあつた方がいい。
なぜといつて、ないと単調になるからである。
ずーつとひたすらニ目ゴム編みをくりかへすよりは、減らし目なり増やし目なり、なんらかの変化があつた方がいい。
本を読みながら編んでゐてもさう思ふのだ。
ただ編むだけならよけいにさうだらう。

それに、「あと減らし目を二回だ」と思ふと、はげみになることもある。これは逆に負担になることもあるので諸刃の剣ではある。でもまあ、目標はないよりあつた方がいい。

ところで「戦闘技術の歴史 4」は、ナポレオン戦争に関する本である。
このセーターのできあがつたあかつきには、「皇帝」とか「エロイカ」といふ名前になるにちがひない。

それとも本はもうすぐ読み終はるから、それはないかな。
なにか次の「ながら」の友を探すだらうからね。

|

« 川本喜八郎人形ギャラリー 白門楼ー呂布の最期 続き | Main | 名状し難きもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/58640505

Listed below are links to weblogs that reference セーターの進捗具合:

« 川本喜八郎人形ギャラリー 白門楼ー呂布の最期 続き | Main | 名状し難きもの »