« 恰好つけの辭 | Main | 減らし目なんていらないのでは »

Friday, 08 November 2013

かぎ針編みの三角ショールを使つてみる

去年、「編みやすくて心地いいニットのふだん着」から、三角ショールを編んだ。
毛糸はたまたま手元にあつたニッケの中細。チャコールグレーの渋い糸で、とても気に入つてゐる。

Crochet Shawl

去年、編んで満足して、使ふことはなかつた。
編みあがつたあとに整形するのがめんどくさくて、はふつておいたせゐかと思ふ。

写真のショールも整形前だ。
今回使ふにあたつて、洗つて、のばした。
今日、国立文楽劇場に行くため早起きする必要があつた。
日の出前は寒からうと思ふて持つて出た。

いいね。
薄くて軽くてあたたかい。
三拍子そろつてゐる。
編んでおいてよかつた。

黒や黒に近いショールはお悔やみのときも使へるので、一枚あると重宝する。
いま編んでゐるセーター用の毛糸があまつたら、ショールにしやうかなあ。ちよつと大きいのがほしいんだよね。
棒針で円に編むのもいいなぁ。

実際編みはじめると、時間がかかつて飽きさうな気はするがね。

|

« 恰好つけの辭 | Main | 減らし目なんていらないのでは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/58539819

Listed below are links to weblogs that reference かぎ針編みの三角ショールを使つてみる:

« 恰好つけの辭 | Main | 減らし目なんていらないのでは »