« 2013年10月の読書メーター | Main | 栞作つた »

Monday, 04 November 2013

愚行はつづく

ラグラン袖のタートルネックリブセーターは、すこしづつ進んではゐる。
先週は、間違へてしまつた箇所をほどいては目を拾つてなほした、といふ話を書いた。
その後、増やし目の段は終はつて、両袖も休め、胴体だけを編んでゐる。しばらくは六段に一目づつ(すなはち四目)減らしていくことになる。

袖を別糸に取つたら、がんがん進むやうになるだらうと思つてゐた。
見通しが甘かつたらしい。
袖を休めても胴体だけで四百目弱あつた。
そら進まないわな。
それでも袖部分も一緒に編んでゐたころよりはまし、と思ふやうにしてゐる。

この三連休は思はぬ外出と、思はぬ不調とがあつて、あみものもあまり進んでゐない。
不調の原因は睡眠不足である。
先週は平日は一日として六時間以上眠れた日がなかつた。
そのうへ木曜日には三時間台しか眠れてゐない。
絶不調だつた。
これまで、さんざん(主に仕事の都合で)夜更かしを余儀なくされてきて、もう一生分の夜更かしをしてしまつたのだ。
さう思つてゐる。
今後は、睡眠不足は許されない。
残念ながら、さういふことらしい。

問題は、平日帰宅後に編みはじめると、なかなか止まらないといふことだな。
とくに興が乗るとまづい。
パピーのグランメリノクロバー匠の輪針で編んでゐる。
どうやらこの組み合はせはあまりよくないやうだ。
編み目を移動させるのにかなり苦労してゐる。
すべりがよくないのだ。
何度か針をかへやうかと思つたけれど、そのままきてゐる。
だから興の乗ることはなからう、と思ふと、さうでもないのがふしぎなところだ。

それにしても、黒といふのはいい色だ。
最近、セーターを編みながら、つくづくさう思ふ。
グランメリノといふ毛糸がいいといふのもあるのかもしれない。
なんとも、色気のあるいい色だと思ふ。

これまで、あまり黒い糸でなにかを編むといふことはなかつたやうに思ふ。
かぎ針編みのレースのショールとか、細いマフラーのやうなものとかくらゐかなあ。
タティングレースでも栞くらゐしか作つてないな。
目につらいから、といふのはたしかにある。
あとレースに黒を使ふと、妙にフォーマルな雰囲気が出てしまふから、といふのもある。
でもまあ、理由の大半は、「買へばいいぢやん」だからかもしれないな。

黒いセーターなどそこらへんに売られてゐる。
あらためて編む必要が感じられない。
たたとたた夫さんのやうに、Debbie Blissのベビーキャッシュメリノといふちよつと特殊な糸を使ふのならともかく、グランメリノていどでは、編むより買つた方が早いし安い。
さうも思ふ。

編み針との相性の悪さとあはせて考へてみると、自分のやつてゐることは愚かしいことだ。
だからこそ、つづけてゐられる。
そんな気がする秋のゆふぐれ。

|

« 2013年10月の読書メーター | Main | 栞作つた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愚行はつづく:

« 2013年10月の読書メーター | Main | 栞作つた »