« 都内一のパワースポット | Main | Viking Socks »

Monday, 21 October 2013

セーターの季節

Rib Turtle Neck Sweater in Progress

突然寒くなつてきた。
十月とはこんなに寒い月だつたらうか。
もしかして、だんだん気温が下がつてきてこの温度、といふのなら耐へられるのか。

この週末はそんなことを考へてゐた。

先週の木曜日、以前から書いてゐたたたとたた夫さんのラグラン袖のリブタートルネックセーターを編み始めた。
「たたとたた夫さんの」、と書きはしたけれど、首から編み始めてそのまま輪に編むつもりである。
できあがるセーターは、もしかしたら似たやうなものになるかもしれない。
といふのは、現時点できちんと形になるかどうかとても不安だからだ。
晴れて似たやうなものになつたとして、でもそれはたたとたた夫さんの作品とは似て非なるものになるのだらう。

なにしろ、黒い糸で長い綴じがあるなんて、ちよつと耐へられさうにない。
だいたい、ニ目ゴム編みを編むだけだつて結構難儀をしてゐるといふのに。

そんなわけで、三連休のあひだにいろいろ頭をしぼつて計算して、首から輪に編む計算をした、とは、前回も書いたとほりである。
その計算にしたがつて首を編みはじめたところ、なんだか太いやうな気がした。
まあ、首回りのゆつたりしたセーターもあることだ。それはそれでいいだらう。
さう思つて編みすすめてゐたところ、どうやらそれなりのサイズになつてきた。六号針で編むところ、作り目には八号針を使つたので、それで少し大きく感じてしまつたのかもしれない。
作り目はゴム編みの作り目にした。表裏表裏……と作り目をして、一目編んで一目すべるを二段くりかへし、三段目でニ目めの裏目と三目めの表目を入れ替へる作り目である。
ニ目めと三目めを入れ替へずに編むと一目ゴム編みの作り目になる。
ゴム編みをするときはたいていこの作り目で編み始める。

首の終はりのところで増やし目をするのだが、これの計算がまた難儀でなあ。
分散増目をしたのだが、うまいことニ目ゴム編みの一模様四目が終はつたところに増やし目を入れる計算にならなかつた。したがつて、数へながら目を確認しながら増やした。
それだけでもかなり目にくるので、脇の綴じを回避したのは正しい判断だつたと思ふ。

写真はその分散増目が終はつて、増やし目を入れるところに目数リングを入れたところ。目数リングといひながら段数リングを使つてゐるが、なに、細かいことは気にするな。

このセーターはニ目ゴム編みなので、手にとればそれなりに進む。
問題は、これから一段三百目とかになるので、なかなか進まないといふことだらう。
それに耐へていけるのだらうか。
謎である。

|

« 都内一のパワースポット | Main | Viking Socks »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セーターの季節:

« 都内一のパワースポット | Main | Viking Socks »