« ひとしれすこそおもひそめしか | Main | 九里をもつて半ばとしたつもり »

Friday, 06 September 2013

八月の川本喜八郎人形ギャラリー

八月七日から二十一日までのあひだ、渋谷ヒカリエにある川本喜八郎人形ギャラリーで、ちよつとしたイヴェントがあつた。
書いたつもりでゐてすつかり忘れてゐた。
一ヶ月もたつし、もういいかなとも思つたが、記憶のよすがに残しておく。

午後一時から五時まで、川本プロダクションの方々や人形遣ひの方がギャラリーにいらして、人形の操作を実演してくれたり、その人形を実際に持たせてくれたり、いろいろ説明してくれたりしてゐた。
このとき皆さんお召しのTシャツが、一昨日書いた川本喜八郎の絵をもとにしたTシャツである。

七日から十日のあひだは、孔明をつれてきてゐたのらしい。
何度も書いてゐるが、孔明は前回の展示のときにゐたので、現在の展示にはゐない。最後に見たところ、孔明は一番傷みのすくないうちの一に見えたけれど、それでも長いこと照明にさらされてゐるとよくないからね。

やつがれが行つたのは、十一日。
たぶんまだほんとに髪の毛の黒いうちの実盛を触らせてもらつた。
あれはね、まだ染めてないと思ふんだよね。
あと、鎧兜をつけた人形。これが重たくてねー。2.5kgはあるといふ話だつた。これを頭上高くかかげて操作するのだ。鎧と兜とは京都の職人の作つたものださうで、実に精巧にうつくしくできてゐる。川本喜八郎はご満悦だつたのださうだが、人形遣ひにとつては、ねえ、といふ話もあつた。

このときは、人形遣ひの船塚洋子さんがいらしてゐて、操演もしてくだすつたし、いろいろお話もしてくだすつた。

船塚さんは、「平家物語」では義経を遣つてゐたのだと、云ふてゐた。
その後、スタッフの方々から、「人形劇三国志」では曹操を、「ひょっこりひょうたん島」では博士を遣つてゐたと教へられた。「新八犬伝」では信乃さんだつたとも聞いた。
なんだか、こー、やつがれの人形劇鑑賞歴を実際に支へてらした方が目の前にゐる、といふ、そして実際に人形を遣つてゐる、といふ、そして、お話までしてくださる、といふ、いろんな思ひがわきあがつては混迷する、そんな感じであつた。

しかも、である。
現在の展示で一等お気に入りの、敗残の為朝を見てゐたら、背後から「これ(為朝)、いいでせう」と、聲をかけてくだすつたのだよねえ。
現在の展示は、船塚さんの手によるものだといふ。
頼長や忠通の衣装はちよつと地味なので、ちよつと華やかな裏地(といつても頼長はともかく、忠通は深緑色だつたりはするのだが)を見せてゐる、とか、忠正は下に鎧を着てゐるのがわかるようになつてゐる、とかいふことも教へてくだすつた。
これまで何度も見てゐるのに、なにも見てゐなかつたんだなあ、やつがれは、と、しばし落ち込みもしたが、なに、為朝が、それも、右腕の筋を切られてそれでも不敵に天をあふぐ為朝が、一番ステキよねー、みたやうな話ができたことが、ひどくうれしかつた。
我知らず、女子高生のやうな聲になつちやつたもんね。普段はヲツサン聲なのに。

その後、川本プロダクションの方もしばしお話をしてくだすつた。
気さくな感じは、歌舞伎の大道具の長谷川勘兵衛を思ひ出させるものがあつた。長谷川勘兵衛さんは、「楽屋口で「勘兵衛を呼べ」と云つてくれれば、いつでも案内しますよ」と云ふてくれたつけか。畏れおほくてやつたことはないけれど。

ところでおわかりの向きにはご存じかと思ふが、もともとやつがれはあまり疑問といふものを抱かない。
あるがままにしなさい。Let it be。
といふか、疑問を抱くほどものごとを深く知らうとはしない。
「そーゆーものなんだー」ですませてしまふ、めんどくさがりを体現した人間である。
ゆゑに、人との会話もはづまない。
初対面の人となんて、なにを話していいかわかんないしね。
ただ、先日、三森ゆりかのセミナーを受けることがあつて、すこし質問のコツのやうなものがわかつた気がした。
それでも生来の性格といふのは如何ともし難いものはあるのだが、それでも知つただけ、すこしはましだつたのだらう。
このときも、なんとか、相づちを打ててゐたんぢやあるまいか。
いや、わかつてゐる。スタッフの方のお話がうまかつただけなんだ、ほんとは。
でもまあ、自分にしては、よかつたんぢやないかな。

このイヴェントの期間中、八月十四日から十八日のあひだは、おなじヒカリエの8Fにある渋谷区防災センター会議室で、「平家物語」の上映会があつた。
去年は同時期に「人形劇三国志」からより抜きの回を上映してゐた。
今年は「平家物語」の第一部全12話を上映した。
やつがれは17日に行つて、保元の乱前後を見てきた。
いやー、やはり実際に動いてゐる人形はいいねえ。
しかも、そこで見てもつとよく見たい、と思つた人形は、ほんの数メートル離れたところにゐるのである。
現在、まだ「人形劇三国志」のDVDを細々と買ひもとめてゐるところなのだが、「平家物語」も買ふやうだらうかー。ぬー。

川本喜八郎人形ギャラリーは、渋谷区の運営するものといふこともあつて、阿堵物の関はるやうなことにはなにかと厳しからうし、不自由もあるかとは思ふが、なんとか、できるだけよい形でつづけてくだすつたら、と、願つてやまない。

|

« ひとしれすこそおもひそめしか | Main | 九里をもつて半ばとしたつもり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八月の川本喜八郎人形ギャラリー:

« ひとしれすこそおもひそめしか | Main | 九里をもつて半ばとしたつもり »