« その後のポメラDM100 | Main | 熱中したい »

Friday, 05 July 2013

顧みて省みる

「マナーのいい方ね」

三月、新橋演舞場に昼の部を見に行つたときのことだつた。
幕間に、隣の席のご婦人がなにかと話しかけてきてくだすつた。
どうやら菊之助のひいきらしく、お三輪ちやんを一生懸命オペラグラスで見つめてゐた。
お三輪ちやん、よかつたよね。
七之助のお三輪ちやんが「娘のパワフル」なら、菊之助のお三輪ちやんは「娘のリリカル」だ。
最後、苧環を抱へておちいるところなど、可憐であはれでよかつたなあ。

といふやうな話もした。

また、「さつき買つてきたのよ」などとおつしやつて、榮太郎飴をくだすつたりもした。

冒頭のせりふは、別れ際にご婦人から云はれたことばである。
とんでもない話である。
もし万が一やつがれが「マナーのいい」人であつたとしたら、世界中の人がマナーのいい人、といふことになるだらう。

このblogをご覧の向きにはご存じかとは思ふが、やつがれは世に云ふ「ヤな奴」である。
底意地の悪い、といふのが一番あたつてゐるかな。
自分で自分のことを「悪い奴」と思つてゐるので、他人からだまされる、といふことも往々にしてないわけぢやあない。
自分のやうな悪い人間をだまさうなんて相手がゐるわけがない。
さう思ひこんでゐるところがある。
「ああ、さうか、自分は「悪い奴」ぢやなくて、「ダメな奴」なんだな」と、そんなときは思ふ。

たぶん、近所の人に訊いても、やつがれのことを「マナーのいい人」といふ人はひとりもゐまい。社交辞令は別として、だ。
挨拶はするし、ゴミは決められた日に、まあそれなりに分別して出してるし(それなりに、といふのは、自分の理解できてゐる範囲で、くらゐの意味である)、できるだけ騒音の出ないやうに暮らしてゐる。
とはいへ、最低限の常識のうち、できてゐないことがまだまだある。
そんな気がする。

職場でも同様だ。
基本的に、ルールやきまりは守る方だと思ふ。
だが、押しつけられるとむやみに反発してしまふ。
昔からさうだ。
校則は守つてゐるんだけど、教師からむりやり押しつけられたやうなルールは、どこかでやぶるやうにしてゐた。してゐた、といふか、せずにはゐられなかつた。
その時点で「さういふルールも守らないといけないんだよ」といふことを学ぶべきだつたのだ、と、いまになつて思ふが、あとのまつりである。

そんなわけで、昔から誉められるといふことがない。
最後に誉められたのつていつだらう。
あ、この三月のときか。

マナーとはなんだらうか。
たまに、関内ホールに落語を聞きにいく。
関内ホールは、築25年以上になる。
舞台から見ると青い客席が海を思はせる、そんなホールだが、それほど広くはない。
広くはないから、通路からはなれた席に入るときに、通路側の席に人が座つてゐたりすると、「すいません」などと云ひ云ひ席につくことになる。
それ事態はどんな劇場、ホールでもあることだ。
関内ホールで上演される噺家の独演会でちがふことは、このとき、先に席についてゐる人がにこやかなことだ。
「すいません」と云ふと、「どうぞ」と微笑んでくれる人が多い。
お互ひさまですよね、といふ感じなのだらうか。
あるいは、「今夜は楽しみに来てるんですもんね」といふ感じか。
いづれにしても、サントリーホールや歌舞伎座ではお目にかかつたことのない人々だ。

ちよつと不便ではあるけれど、関内ホールに行くのは、さうした客が多いからかもしれない。

「マナーのいい人」といつて思ひ出すのは、関内ホールで落語を聞きにくる客である。
自分はあんな風にできてゐるだらうか。

いやー、いやいや。
それはないなあ。

ときどき、「マナーのいい方ね」と誉められたことを思ひ出す。
誉められ慣れないからだらう。
慣れないことだから、妙にうれしい。
だからといつて舞ひあがつちやあなんねーぞ、と、普段のみづからの言動を省みて心する。

|

« その後のポメラDM100 | Main | 熱中したい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 顧みて省みる:

« その後のポメラDM100 | Main | 熱中したい »