« Steady, steady, steady....still steady | Main | 「すてきにハンドメイド」見ちやつたよ »

Monday, 01 July 2013

2013年6月の読書メーター

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2897ページ
ナイス数:8ナイス

英雄三国志 5 攻防五丈原 (集英社文庫)英雄三国志 5 攻防五丈原 (集英社文庫)感想
部下にめぐまれない孔明と上司に恵まれない仲達。どつちもどつちか、と思ふが、手駒の少ない方がつらいか。ここまでどんな豪傑・智将の死でもあつさりとあしらつてきた柴錬は、孔明の死もやはりさらりと書いてしまふ。そこにぐつとくるのだつた。出番は少ないが陸遜のやうすがよすぎる。
読了日:6月2日 著者:柴田 錬三郎
知の編集術 (講談社現代新書)知の編集術 (講談社現代新書)感想
ちよつと確認したいことがあつて、ぱらぱら読んでゐるうちに全部読んでしまつた。なんとか、もうちよつと自分流に「編集」しやすいやうに噛み砕くことができるといいんだがなあ。
読了日:6月6日 著者:松岡 正剛
杜甫―偉大なる憂鬱杜甫―偉大なる憂鬱感想
ちよつと円高になると、「でも円安のあひだに上がつた価格が下がるわけぢやないし」とか、ついついnegativeな方向に考へてしまふ。そんな自分には杜甫はチトつらい。つらいけど読んでしまふ。そんな感じ。杜甫は評価されるまでちよつと時間がかかつてゐる。もしかして、孔明が「軍師」として脚光を浴びるやうになるのと、時期がおなじだつたりするのかな。杜甫の詩に出てくる孔明は「政治家」だもんね。
読了日:6月7日 著者:宇野 直人,江原 正士
孫子 (講談社学術文庫)孫子 (講談社学術文庫)感想
最初に訳文が出てくるといふのが微妙に読みづらい。原文・読み下し文・訳文・解説といふ並びの方が、訳文と解説の内容がダブらなくていいと思ふ。実際、訳文と解説がほとんど変はらない部分もある。解説が詳しくてよいが、この解説だけにとどめるのは危険。用間篇と火攻篇を入れ替へたことについてはなるほど、と思つた。確かにこの方がおさまりはよい。
読了日:6月10日 著者:浅野 裕一
Shades of GreyShades of Grey感想
赤しか認識できないつてどんな感じなんだらう。それも、強い赤しかわからないつて。その前に翻訳は出ないのだらうか。誰か訳してくれないかなあ。さうしたら苦労して読まなくて済んだのに。障碍のある戀愛つて、なかなかむづかしくなつちやつたけど、まだこの手があつたかー。これまで読んだサーズデー・ネクストやNursery Crime、The Last Dragonslayerといつたシリーズは、笑へて泣けてハッピーエンドな感じだつたけど、これはさうぢやない。つづき、読まなきやダメですか。ダメかなー。
読了日:6月22日 著者:Jasper Fforde
英雄三国志 6 夢の終焉 (集英社文庫)英雄三国志 6 夢の終焉 (集英社文庫)感想
どんなに偉大と云はれた人間でも、死んだからつて世の中ががらりと変はるわけではない。あひかはらず誰であつても柴錬はその死をさらりと書いてしまふ。でもなー、諸葛恪はともかく、姜維を孔明と比べるのはなんだか可哀想だ。柴錬はあくまでも諸葛恪は「叔父に似ぬ」といふことにしたいらしいが、一節には「父の温厚さは受け継がず、叔父の圭角のある性格を継いでしまつた」といふ話もあるのにね。ま、いづれにしても「今は昔の物語」ぢやのう。
読了日:6月23日 著者:柴田 錬三郎
チョコチップ・クッキーは見ていた (ヴィレッジブックス)チョコチップ・クッキーは見ていた (ヴィレッジブックス)感想
Cosy Mysteryのお約束として、Whodunitを求めてはいけない。出てくるクッキーが一々おいしさうなので、食餌制限中の人は要注意。つづきを読むかどうかは、ビミョー、かな。
読了日:6月26日 著者:ジョアン フルーク

読書メーター

|

« Steady, steady, steady....still steady | Main | 「すてきにハンドメイド」見ちやつたよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013年6月の読書メーター:

« Steady, steady, steady....still steady | Main | 「すてきにハンドメイド」見ちやつたよ »