« 何以解憂 唯有播磨 | Main | 占ひあたらない »

Thursday, 13 June 2013

パイロットのエリート95Sを使つてみて

パイロットのエリート95Sの細字を買つた。
黒インキのカートリッジをさしてみて、やはり意識しないと使はないやうになつてゐることに気がつく。
そんなわけで、青や紫のインキで書いたわきに、エリート95Sでツッコミを書き込んだりしてゐる。これまでツッコミはちよつと弱い色で入れてゐたので、これもちよつと違和感がある。そのうち慣れるだらう。

ところで、細字を買つたはずなのだが、妙に線が太い。
中字といつてもいいくらゐな太さである。
試し書きのときに中字と細字と極細とで字を書いてみた。このときは細字が太いとは感じなかつたんだがなあ。中字でも書いてみたから? でも極細でも書いたのに。
個体差だらうか。

パイロットの細字の萬年筆といふと、普段はカスタム823プランジャーと、カスタム74の透明軸とを愛用してゐる。どちらも、「細字」の印象にたがふことのない太さの線で書ける。
パイロットの細字はチト太め、といふわけでもなささうだ。さういふ話も聞かないしな。

エリート95Sであれこれ書いてゐて、あるときはたと思ひ出した。
この書き味、あれに似てゐる。

あれ、とは、パイロットのミュー90だ。
これも、かつてのミュー701の復刻版だ。

ミュー90は、ペン先と軸とが一体になつてゐる。

Pilot μ90

ペン先の形状が、エリート95Sと似てゐないだらうか。
このミュー90、細字を購入したのだが、なんとなく線が太いのだ。
インキフローがいいともいふ。
さうか。この感じか。

|

« 何以解憂 唯有播磨 | Main | 占ひあたらない »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/57582613

Listed below are links to weblogs that reference パイロットのエリート95Sを使つてみて:

« 何以解憂 唯有播磨 | Main | 占ひあたらない »