« To Sleep or Not to Sleep | Main | もつと読みたいあみものの本 »

Friday, 10 May 2013

残りの人生を賭けるべきか

ここのところ、「十八史略」を読んでゐる。

だいぶ前から晩酌の折りにちよこちよこ読んでゐたのだが、連休中に手元にあつたのがこれだつたので、なんとなく読んでゐる。

この本は、抜粋なんだけれども、返り点や一二点のついた原文はついてゐるし、読み下し文もあるといふので入手した。
読んでゐて、これが滅法おもしろい。
おもしろいのは、よく知つてゐる話ばかりだからか。
抜粋なので、おもしろいところだけ抜き出してゐるからか。

そんな風に考へてゐたのだが、ここにきてちよつと変はつた。
もしかして、「史記」から取つてきた内容がおもしろいのではあるまいか。

といふのは、光武帝以降、なんとなくおもしろさが減つた。
妙な日本語だな。
「それでそれで?」つてな、ワクワクする気持ちがなくなつてきた。
そんな気がするからである。

「史記」かー。

やはり読むしかないのか。
この後の人生を費やしても。

以前も書いたけれど、世に出回つてゐる「史記」からの抜粋は、おもしろい。
これ以上脚色とかなんとか、いらないよね、と思ふくらゐ、おもしろい。
あれだけ長いと、全部が全部さうだとはいへないし、なにより読んだことがないからそんなことはいへないのだが、そこんとこ、確かめてみたい、といふ気持ちもある。

と、思つて探してみたのだが。
まづweb検索かけると一番にひつかかつてくるのが横山光輝のまんが。
その次が「史記」を紹介するやうな本。新書とかね。
「史記」が出てきたとしても、列伝だけとか、全部ありさうでも「現代語訳」だつたりとか、「うーん、なんかちがふ」と思つてしまふ。

無謀とわかつてゐても、やつぱり白文と読み下し文はほしい。
だつて漢文読み下しが好きなんだもん。
柴錬チルドレンだから。

しかし、「全部」「読み下し文」で「史記」を読むとか。
それもこれから。
やはり無謀なのではあるまいか。

とか、悩んでゐる暇があつたら、「読め」なのかな。
とはいへ、残りの人生と読みたい本とを考へあはせると、二の足を踏んでしまふのだつた。
あれか、読んでみてつまらなかつたらそこでやめればいいのか。
と、気軽に考へられるほどかんたんに手に入る本でもない、といふのも問題なのだつた。

「史記」の問題つて、紀伝体つてことなんだよな。
「この人のところにはかう書いてあるのに、あの人のところでかう。どつちだよ!」といふ、「きーっ!」感がどうしてもつきまとふ。
研究者なら、そこでいろいろ調べたりするのかもしれないが、なにせタイムリミットが、な。

ところで、「資治通鑑」も探してゐたりする。
無謀?
さうだよねえ。

|

« To Sleep or Not to Sleep | Main | もつと読みたいあみものの本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残りの人生を賭けるべきか:

« To Sleep or Not to Sleep | Main | もつと読みたいあみものの本 »