« 近頃面目次第もござりませぬ | Main | 2013年4月の読書メーター »

Tuesday, 30 April 2013

手編みの帽子は風に飛ばない

Holiday Hat after Washing

最近、休みの日は歩くやうにしてゐる。

休みの日で、遠出をしない日は、近所の公園のまはりをぐるぐる6kmくらゐ歩いてゐる。
と、ここで書くのがはじめてで、これまではずつと自分の心のなかでさういふことに決めてゐた。
はじめたのが今年の建国記念の日の一日前からだから、まだ二ヶ月ていどだ。

歩きはじめたころはまだ寒かつたので、毛糸の帽子をかぶつてゐた。
自分で編んだものの中で、洗濯機にかけても大丈夫な毛糸で編んだものを選んでゐた。
ここ最近は、Rowan Denimで編んだホリデーハットをかぶつてゐる。

といふことで、ホリデーハットの編み方のURLを確認してみたら、なくなつてゐる。
検索しても出てこないなあ。
なくなつてしまつたのだらうか。

ホリデーハットは、基本的には、Rowan Denimを6/0号のかぎ針編みでこま編みして作る帽子である。
伸縮性はほぼない。
編んだときより頭が小さくなつたらしく(脳みそが減つたのだらう)、ちよつと余裕がある。

この帽子には思ひ出がある。
近所の毛糸屋の店主に褒められたことがあるのだ。
この毛糸屋は、ダイヤモンド毛糸を扱つてゐる店で、当時ホリデーハットと似たやうな帽子が飾られてゐた。
そのときたまたまお店にゐあはせた人が、「あれとおなじやうなものか知らん」と云つたが、店主の老婦人は、やつがれの帽子の方が上等だ、と云つた。
糸のことを云ふたのだと思ふ。

このとき、店主はおもしろいことを云つてゐた。

手編みの帽子は、風に飛ばない。

ほんたうだらうか。
毛糸で編んだ帽子なら、ゴム編み部分をしつかり編めばさういふこともあるかもしれない。
しかし、ホリデーハット。
こま編みだけで、たいして伸縮性もない、そんな帽子でも風に飛ばない、そんなことがあるだらうか。

結論から云ふと、風に飛びにくい、とは思ふ。
これは経験から、さう云へる。
実際、この話を聞いたときも、「あー、さう云はれてみればさうかも」と思つた。

今日もかなり風は強かつたが、一度も帽子に手をやることはなかつた。
風が吹いてきても、うまいこと帽子が頭にぴつたりとはりつくやうにくつついてゐた。
飛ばされるかも、なんて心配はまつたくしなかつた。

もちろん、あまりの強風に帽子を抑へることもある。
絶対飛ばないとは思はない。
でも、飛びにくい。
それは確かなことだと思ふ。

おそらく、うまいこと風が編み目をくぐりぬけるからなんぢやないかなあ。
だつたら麦わら帽子でもおなじことだらう、といふ気もするので、絶対さうとは云へない。素材にもよる気がするし。

ところで、写真のホリデーハットは編み終はつて最初に洗つた直後の状態だ。
今はもつと色が落ちてきて、Rowan Denimらしさを楽しんでゐるところである。

|

« 近頃面目次第もござりませぬ | Main | 2013年4月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手編みの帽子は風に飛ばない:

« 近頃面目次第もござりませぬ | Main | 2013年4月の読書メーター »