« 武田晴信と不識庵 | Main | 西の方渋谷を出れば故人無からん »

Thursday, 18 April 2013

プチ早起き

Gamla Stan

結局、早起き生活にもどつてゐる。
なんていふか、「プチ」早起き、といつたところだらうか。

四時とか五時とか、何時間も早く起きるわけではない。
六時十分前とか、せいぜい五時半とか、そんな感じの早起きだ。

んー、五時半は、まあ、早いかな。以前もそれくらゐの時間に起きてゐたやうに思ふ。

なんで早起き生活にもどつたのか。
理由はかんたん。
夜起きてゐられなかつたからだ。

ある夜、まだやることが残つてゐるのに、眠くて仕方がない。
まだ十時半くらゐだつた。
いまから寝れば、五時に起きても六時間以上眠れる。
さう判断して、寝て起きたのがはじまりだ。
先週のことだつたと思ふ。

以前早起きしてゐたときは、起きてからあれこれやつてゐた。
まあ、やることといつて、あみものと、録音したラジオ講座を聞くことと、かうしてblogのエントリを書くことくらゐだけれども。

帰宅時間から逆算すると、どんなに早く床に就くにしても、十一時が限界だ。
六時間寝やうとすると、五時より前には起きられない。
五時に起きても、やりたいことをすべて片づけるのはむづかしい。

そんなわけで、前に早起きしてゐたときには、なんとなくすつきりしない気分ではあつた。
どれも物足りない。
ラジオ講座だけは全部消化するけれど、編む時間にしても書く時間にしても、まちつとほしい。

ほかに、「早起き生活をしてゐると、夜の部やソワレに行けなくなる」といふ弊害があつた。
早起きをやめた理由としては、これが一番大きい。
夜の部に行くのをあきらめやうかと思つたこともあつたが、それはなんだか本末転倒な気がした。
演奏会にこそあまり行かなくなつてしまつたが、芝居へはあひかはらず行く。
見るべきものがなくなつたとも思はないし、まだしばらくは行くだらう。
その芝居見物を犠牲にしてまで、早起きすべきか。

否。

さう断じて、夜型の生活にもどつた。

夜型、といつても、単に朝起きてやつてゐたことを帰宅後にやるやうになつた、といふだけの話ではある。
それでしばらくはまはつてゐて、自分でもこれでいいかな、と思つてゐた。
睡魔には勝てなかつた。
さういふわけだ。

「プチ」早起き、と書いた理由は、上記のとほり世の早起き人よりも起きる時間が遅いからである。
その分、夜もやりたいことをやつてゐる。

夕食後湯に入るまでの時間と、湯上がり後すこしのんびりする時間に、ちよつとしたことはやる。
たとへば食休みには最低でも三十分は必要なので、そのあひだにラジオ講座を聞く。
湯上がりのぼんやりとした時間に、ぼんやりとあみものをしたりタティングレースをしたりする。
そして、翌朝、残つたことをやる。

えうは、やることを分散した、といふことだ。
 
何度か早起きについてはこのblogにも書いてゐるが。
これまで一度も「朝活」といふことばを使ったことはない。
自分のやつてゐることは、別段「朝活」ではない。
さう思つてゐるからだ。

また、「朝活」といふことばに、そこはかとない「いやしさ」を感じる。
なぜ単に「早起き」ぢやいけないのか。
そこんとこがよくわからないので使つてゐない。
今後も使はないだらう。

そんなわけで、これも朝、いまだ夢現のかすみのかかつたやうな頭を抱へつつ、書いてゐる。

|

« 武田晴信と不識庵 | Main | 西の方渋谷を出れば故人無からん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プチ早起き:

« 武田晴信と不識庵 | Main | 西の方渋谷を出れば故人無からん »