« 戦争と「あまちゃん」 | Main | 脳、働いてますか? »

Thursday, 25 April 2013

愛を証明する

Twilight in Stockholm

愛とは記憶である。

心のどこかで、ずつとさう思つてここまできた。

好きなことなら覚えてゐる。
好きなことなら忘れない。

さういふものだらう、と思つてゐた。
あるいは、「さうあらねば」と思つてゐたのかもしれない。

しかし、寄る年波には勝てない。
日々ぽろぽろと忘れていく。
「忘れてゐる」といふことにも気づかないくらゐ、あつといふ間に忘れてしまふ。

もともと、やつがれは、なにかに対して強い愛情を抱くたちではない。
つねづね、世の人の「好き!」といふ心の強さ、激しさにびつくりするほど、愛情が薄い。
それでゐて執着心は強いといふ、こまつたたちである。

好きなものとは、あるていど距離をおかねばならない。
どうやらさう思つてきた節もある。

あまりに近づきすぎたり、そのことについてばかり考へてゐたりすると、周囲が見えなくなる。
それは「愛」とは違ふのではないか。

といふのは云ひわけで、實のところは我を失ふのが怖いのである。
客観的な視点を失ひたくないのだ。
以前、「ミーハーは好かん」といふやうなことを書いたが、あまりにもなにかに対してdevotedな状態になるのを恐れたのである。

なにを恐れることがあるのか。
愛するものについて我を忘れることなんて、誰でもやることなのに。

といふのも云ひわけで、ほんたうは、単に飽きつぽいだけなのかもしれない、と思ふこともある。
史記の項羽本紀の出だしを読むと、他人事とは思へない。

項籍少時,學書不成,去學劍,又不成。

項羽は、文武どちらも中途で投げ出すやうなこどもだつた。
叔父に怒られて、こんなことを云ふ。
書足以記名姓而已。劍一人敵,不足學,學萬人敵

字なんて名前が書ければいい。剣ではひとりしか相手にできない。学ぶほどのこともない。もつと、大人数を相手にすることを学びたい。
さういつて、兵法を教へてもらへることになつて嬉々として学ぶのだが、
略知其意,又不肯竟學

深く知る前に、これもまたやめてしまふのである。

項羽にも申し訳ないが、なんだかわが姿を見るやうで涙を禁じ得ない。
項羽も、ちやんと学を修め、剣の道に精進してゐれば、もしかしたらあんなことにはならなかつたかもしれないのに。

もちろん、項羽のことを云つてゐるのではない。

まあ、世の中には、ほかの人が一生懸命学問に精進する中、「独觀其大略」なんてな人もゐるので、必ずしも深く学ぶだけがいいとはいへない。
とはいへ、この「独觀其大略」といふのは単に他人に対するポーズで、實のところは他人よりも深く学んでゐたのかもしれない、といふ話もないわけではないのだが。

話がそれてしまつた。

といふわけで、これまでは「覚えてゐること」が自分にとつての愛の証だつたわけだが。
なかなかさうも云ふてゐられなくなつてきた。

ではどうすれば「自分はこれが好きである」といふことを証明することができるのだらう。
そもそも、そんなこと、証明する必要があるのか。

それは次回の講釈で。

|

« 戦争と「あまちゃん」 | Main | 脳、働いてますか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛を証明する:

« 戦争と「あまちゃん」 | Main | 脳、働いてますか? »