« かなりや | Main | 道徳? »

Wednesday, 13 March 2013

新たな歌舞伎座の二階桟敷や如何に

「歌舞伎座」「二階桟敷」とかで検索していらつしやる方が多いのらしい。

気になるよね。やつがれも気にはなつてゐる。

新しい歌舞伎座の二階桟敷がどうなるのか、現時点ではやつがれにはまつたくわからない。

昔の歌舞伎座の二階桟敷は好きだつた。
といつて、二回しか座つたことはないし、しかもどちらも東の一番舞台寄り、席番で云ふと「東-1-1」にしか座つたことはない。

二階桟敷のなにがいいのか。
一階桟敷とくらべると、圧倒的に落ち着く、といふことがあげられる。

一階桟敷は、目の前をほかの客がとほつたりなんだりして、案外落ち着かないものである。とくに、その場で食事をとつたりする前提だといふのに、目前を他人が行つたり来たりするのは、落ち着かない。気にしなければいいのかもしれないが、気になり出すと止まらない。

また、一階桟敷だと、自分もまたほかの客に見られてゐるといふ気分になつたりする。自意識過剰といはばいへ、桟敷席といふのは基本的に見て見られる席である。

だが、二階桟敷にはそれはない。
それでゐて桟敷だから足下は広いし、ゆつたり座つて見られるところがいい。
目の前はちよつとしたテーブルになつてゐるから、チラシなんかも置いておきやすいしね。

桟敷席からは舞台は斜めに見えるので、当然見づらい。
でも一番舞台に近い席だつたら、死角はあるものの、すぐそばで役者を見られる。上手側に座れば、花道への出も入りもばつちり見られるしね。

はじめて以前の歌舞伎座の二階桟敷に座つたのは、宗十郎の夕しでで「いもり酒」のかかつたときだつた。夕しでが、下手から上手に歩いてくると、まるでこちらに向かつて歩いてくるかのやうに見えた。

二度目のときは、さよなら公演で、玉三郎の女暫。花道の巴御前が、若干ななめではあるものの、正面に見えた。

新たな歌舞伎座の二階桟敷がどうなるのかはわからないが。
まあ、以前とそんなに違はないんぢやないかなあと思つてはゐる。
四月から六月のあひだに二階桟敷に座る予定はないが、そのうち演目と配役を見て座つてみたいなあ。

ところで、かつては二階桟敷といへばお見合ひに使はれた席ださうだ。
いまはどうなんだらうねえ。

|

« かなりや | Main | 道徳? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新たな歌舞伎座の二階桟敷や如何に:

« かなりや | Main | 道徳? »