« 透かし編みのくつ下 | Main | 本をよごす »

Tuesday, 26 March 2013

タッチングレースに出会つたころ

Bookmark in Progress

タティングレースをはじめたきつかけは、たまたま手芸屋で本を見かけたからだつた。

といふ話は、以前どこかで書いたと思ふ。

当時、人形用の服を縫つたり(このやつがれが、だ)編んだりしてゐて、裾の飾りとかに使へないか。

そんな風に思つた。

当時手芸屋の本棚にならんでゐたのは、藤重すみの「かわいいタッチングレース」。さう、まだ「タッチングレース」といふ表記だつた。
クロバーのシャトルは、新しいものにおきかはつてゐた。

はじめるにあたつて苦労したことも何度も書いてゐる。
結び目をうつす、といふのがわからなくてね。
確か、「EUREKA!」にいたるまで、一週間はかかつたと記憶してゐる。まあ、その間中悩んでゐたわけではないが。

それを克服したのち、シャトル二つ遣ひの作品の作り方がわからなかつた話もした。
「かわいいタッチングレース」に載つてゐたのは、スプリットリングの作り方だけだつたからだ。

あのときのわからなさ加減を思ひ出すにつけ、今タティングレースをつづけてゐることが奇跡のやうに思はれてならない。
よく挫折しなかつたなー。
まはりにタティングレースを知つてる人もゐなかつたしね。

現在、ちよつと挫折しかけてるんだが。
なんか、そんなことを突然思ひ出したよ。

|

« 透かし編みのくつ下 | Main | 本をよごす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タッチングレースに出会つたころ:

« 透かし編みのくつ下 | Main | 本をよごす »