« 「美文字」つてなに? | Main | 2013年2月の読書メーター »

Friday, 01 March 2013

さらにその後の大橋堂の萬年筆

大橋堂の萬年筆がすこぶる調子いい。
とくにほぼ日手帳との相性がよくて、なあ。

大橋堂の萬年筆とほぼ日手帳カズン

この萬年筆を入手したのは去年の九月。
当時、RhodiaのWebNotebookを使つてゐたが、どうもやつがれとは相性がよくなかつたらしく、愛用の中屋万年筆のペンとは特によろしくなかつた。
そんな時にこの大橋堂のペンを手にして、なんとなくWebNotebookとは合ふかな、といつた感じだつた。

それでもインキのかすれることとか多くて、「むー」とか思つたものだつた。
インキが悪いのかなあ、と思つたこともあつた。
インキはセーラーのスカイハイを入れてゐるのだが、素直に黒とか青とかブルーブラックにしておけばよかつたかなあ、などとチト後悔したりした。

それが、どうだらう。
その後、満寿屋のMONOKAKIや、マルマンのBoston Note、そしてほぼ日手帳に使ふやうになつたら、なんだか見違へたやうによく書けるやうになつた。

まづ、書くのに筆圧がいらない。
萬年筆といふのはさうしたものだよ、といはれるかもしれないが、なにしろWebNotebookに書き込んでゐたときはえらい苦労をしてゐたので、なあ。

あれは単に、WebNotebookとやつがれとの相性がよくなかつたつてだけなんだらうなあ。

大橋堂のペンは書き味もやはらかいしねえ。
不器用なものだから、やはらかいペン先は実は制御しきれない。
この大橋堂のペンもさうだし、パイロットのフォルカンもさう。
中屋万年筆の細軟だけは、なぜかそれほどでもないのだが、しかし、なんといふか、その、制御しきれない感じがまたいいんだよねえ。

先日、物欲がかげつてゐる、といふやうなことを書いたけれども、中屋のペンとか大橋堂のペンを使つてゐると、また新たにほしいなあ、といふ気がしてくる。
今度はちがふペン先で、とか、今度はちがふ軸で、とか、はたまた今度はインキの色を変へて、とか。

とりあへず今月は日本橋界隈には近寄らないやうにしなければ。

|

« 「美文字」つてなに? | Main | 2013年2月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/56862904

Listed below are links to weblogs that reference さらにその後の大橋堂の萬年筆:

« 「美文字」つてなに? | Main | 2013年2月の読書メーター »