« 吹替大好き | Main | 編み終はらない »

Friday, 22 February 2013

条件にあてはまらぬペン

LAMMYのSAFARIも何本か持つてゐるが、結局手にとるのは一等最初に買ふたこのペンである。

LAMMY SAFARI

透明軸の極細ペン先。インキはヤンセンのシェークスピア。
扱ひの荒いせゐだらう。軸はくもつてゐる。

先日、ペン先はやはらかいタッチのものが好きで、さうでなければスタブつぽいのが好き、と書いた。
このSAFARIはこの条件のいづれにもあたらない。
書いたときにかたい印象があるし、スタブといふわけでもない。
もつといふと、極細とは名ばかりで、かなり太い線になつてしまふ気がする。まあ、舶来ものの極細はこんなものかなとは思ふ。

ではなぜ愛用してゐるのか。

かたくて、さりさりした感じの書き味が気に入つてゐるからだ。
なんとなく、鉛筆またはシャープペンシルで書いてゐるときの感覚に近い。

実際に、鉛筆を手にして書いてみると、このペンで書いたときとはまつたくちがつた感じがする。
でも、このペンは、鉛筆感覚で使つてゐるペンなのだつた。

はじめてMoleskineを買ふたときは、よくこのSAFARIで書き込んだものだつた。
当時のMoleskineはそんなににぢまなかつた。
クリーム色の紙に、シェークスピアの茶色いインキがよく映えた。
いまはにぢみまくつてしまふので、残念ながら使へない。

Rhodiaの紫めいた罫線にもよく似合ふ。

さつと取りだしてぱつと書きとめる。
そんなときによく使ふペンである。

|

« 吹替大好き | Main | 編み終はらない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/56815648

Listed below are links to weblogs that reference 条件にあてはまらぬペン:

« 吹替大好き | Main | 編み終はらない »