« Mindless Knitting の愉しみ | Main | カンダミサコのdumi »

Tuesday, 05 February 2013

ショール?

Tatting Shuttles

ショールなんて作るもんぢやないな。
ときどきさう思ふ。

さう思ふ所以は、はかがいかないからだ。
要するに、時間がかかる。
毛糸の量が必要、といふのもあるが、自宅に毛糸のうなつてゐるやつがれにはとつては願つたりだ。
むしろ、毛糸を消費するためにショールを作るといふのはありだと思ふほどだ。

さらに、時間がかかるといふことは、はまり始めたら大変といふことだ。
いつまでもいつまでも延々編んでいくことになる。
邪魔が入れば不機嫌になる。
いいことない。

土曜日にVortex Shawl (Rav)を編みはじめたことは書いた。
タティングレースではあひかはらずショールもどきを作つてゐる。
ふたつ同時に着手したのは我ながら失策であつた。
両方一緒にとりかかれればいいのだが、一度にできるのはどちらか片方。
せめて阿修羅ほども腕があれば、と思ふが、詮なきことである。

いづれにせよ、ちまちまちまちま進めていくしかないんだがね。

ちなみに、作つてゐる最中は楽しいので、それはそれでいいのだらう。

|

« Mindless Knitting の愉しみ | Main | カンダミサコのdumi »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ショール?:

« Mindless Knitting の愉しみ | Main | カンダミサコのdumi »