« Endless Shawl Knitting | Main | 「柳亭市馬の懐メロ人生50年」を読む »

Tuesday, 19 February 2013

CroTat あるいは高嶋タティング

毛糸だま 2013年 春号 No.157」に、高嶋タティングが出てゐる。

実は、やつがれも高嶋タティング針を持つてゐたりする。
え、全然「実は」ぢやない? おまへなら絶対持つてゐるはずだ?
理解されてゐる、と思つていいのだらうか。

閑話休題。
以前、はじめて神戸のドヰ手芸に行つたとき、記念にと思つて高嶋タティング針を買つた。
一緒に本も買つた。

しかし、なかなかうまくできなくてね。
いろいろ試行錯誤した結果、こんなものを作つた記憶はある。

Crotat Crochet

高嶋タティングは基本的にはニードル・タティングの要領でタティングしつつ、ところどころにかぎ針編みの要素をもりこんだもの、と、理解してゐる。

普通のかぎ針ではできないのか。
できないことはない。
ただ、クロバーのペン-Eだと、柄の部分が長過ぎて、タティングには向かない。タティングでリングを作るにはあるていどダブルスティッチをためておけるだけの長さが針の部分に必要になる。ペン-Eやアミュレ、エティモなんかだと、針の部分が短過ぎると思ふんだよね。
アフガン針の方が、向いてゐるんぢやないかな。さういへばアフガン針で高嶋タティングはやつたことないや。なんか、できさうな気がする。今度やつてみやう。

さて、高嶋タティング針の使ひ心地だが、ほんとにちよこつとやつてみただけなので参考にはならないかもしれない。
有り体に云ふと、使ひづらかつた。
多分、針に糸をひつかけて、さうしてできた輪の中に糸を引き込む、といふのがうまくできなかつたんだと思ふ。あと、くさり編みにも結構苦労した。

多分、慣れの問題だと思ふんだがなあ。
慣れるまで、我慢できなかつた。

針を持ちかへるのが苦にならなければ、タティング部分はタティングニードルで、かぎ針編み部分はかぎ針でやつた方が、楽なんぢやないかなあ。
やつてみたことはないけれど。

それにしても、この写真はひどいね。
よれよれだし。
「毛糸だま」の写真に出てゐた作品は、かつちりしててきれいだつたもんなあ。

ちなみに、上の栞はLisbeth #20で作つた。
一番最初のLisbethである。
「そんなに使ひやすいわけぢやないなあ」と思つてゐたら、ある日突然手芸屋(Handy Handsだ)から以前頼んだのと同じ糸が送られてきた。
なんでも、初回の製品はできがよくなかつたので、新たに作りなほした(作りなほさせた?)ものを送ります、といふ。
なんて良心的。

とはいふものの、そのできのよくない糸も捨てられず、かうしてCroTatに使つてみたわけだが。
やはり、糸もいいものを使はないとダメだねえ。

「毛糸だま」を買つてきて、高嶋タティング針を発掘するかな。

|

« Endless Shawl Knitting | Main | 「柳亭市馬の懐メロ人生50年」を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CroTat あるいは高嶋タティング:

« Endless Shawl Knitting | Main | 「柳亭市馬の懐メロ人生50年」を読む »