« メビウス編みの可能性 | Main | ほぼ日手帳カズンはじめました »

Tuesday, 08 January 2013

Needle Tatting 再び

Shuttle tatted motif and Needle tatted one

実はニードルタティングも好きだつたりする。
とか云ひながら、ここ二年ばかり、針を手にすることはなかつた。
理由は、といふと、針をどこにかたづけたか忘れてしまつたから、かな。これが一番の理由であると思ふ。
あとは、最近はシャトルを使つたタティングレースもそんなにしてゐないといふこともある。
すなはち、時間がないといふことだ。

ニードルタティングについては、以前書いてゐる
上の写真も、このときに撮つたもの。
まつたく同じモチーフを、シャトルと針とで作つてみた。
左がシャトルで右が針。
針を使つた方が若干大きくなる。
これも、上記リンク先に書いてあるが、ニードルタティングの場合、リングの芯糸は二重になるので、どうしてもシャトルタティングにくらべて大きくなる傾向がある。
あとは針の太さも影響する。

ニードルタティングの長所については、上記リンク先にいろいろ書いた。
でも、ニードルタティングをする理由については書いてゐない。
シャトルタティングで十分なのに、なぜわざわざ針も使ふのか。

それは、ニードルタティングをするときの手の動きが好きだからだ。
とくに左手で糸をかける、その動作が妙に楽しい。
かういふのつて理屈ぢやないんだよね。

シャトルタティングもさうなんだけど、手の動きが楽しい。
「手の動きが楽しい」はをかしいかな。手を動かしてゐて楽しい、かな。
シャトルタティングの場合は、手と手をあはせるやうにする動きがいい。
ニードルタティングの場合は、左手の指で右手に持つた針に糸をかける動きがいい。
一度はじめると、やみつきになる。
そんな感じだ。

昨日片付けをしてゐて、ニードルタティング用の針を掘り出して、早速久しぶりにやつてみたけど、全然うまくできない。
リハビリが必要かー。
シャトルタティングをしてゐる暇もなかなかないといふのにな。

|

« メビウス編みの可能性 | Main | ほぼ日手帳カズンはじめました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Needle Tatting 再び:

« メビウス編みの可能性 | Main | ほぼ日手帳カズンはじめました »