« 足元と手元 | Main | Quiet: The Power of Introverts in a World That Can't Stop Talking を読む »

Tuesday, 29 January 2013

Faliure Is An Option But Fear Is Not

なんかもう、タティングレースはあきらめた方がいいのかもしれない。

この週末、久しぶりにCeltic Tattingを試みてみた。

Celtic Tatting

この体たらくである。
いつそなかつたことにしやうかとも思つた。
なかつたことにして、闇に葬つたものも、これまでもたくさんある。

Celtic Tattingは何年ぶりだらう。
一応、専用のシャトルも持つてゐたりする。
Celtic Tattingは、普通のクロバーのシャトルとかだとチトやりづらい。やつがれの愛用するボビンのシャトルならなほさらだ。
長くチェインを作つて、シャトルを上に下にくぐらせないといけないので、細くて長いシャトルの方がやりやすいといふ寸法だからだ。
だいたい、弘法大師だから筆を選ばなくてもいいのである。
達人ではないものは、お道具は選ばなければならない。

といふのはいひわけで、要はお道具がほしかつただけなんだけどね。

しかし、手にして直後はすこしやつてみたものの、その後Celtic Tattingをすることはなかつた。
デザイン的には好きなのにもかかはらず、だ。
多分、Celtic Tattingには花結びに似た技能が必要である。
タティングレースの技能だけでどうにかなるものぢやないのだ。
それで、なんとなく遠ざかつてゐた。
さうなんぢやないかと思ふ。

ところで、昨日、TEDでのジェイムズ・キャメロンのプレゼンテーション(動画)を聞いた。
NASAでは「Failure is not an option.」といふのださうであるる
そらさうだらう。
有人ロケットやスペースシャトルでfailureがあつてみな。多大な損害が発生するし、人命が失はれることになる。

しかし。
たとへばあみものやタティングレースだつたらどうだらう。
キャメロンがプレゼンテーションの締めくくりに選んだことばが、あてはまるのぢやあるまいか。

Faliure Is An Option But Fear Is Not.

タティングレースで失敗したからつて、誰か死ぬわけぢやないし、世の中が終はりを迎へるわけぢやない。
あみもので失敗したからつて、誰かが不幸になるわけぢない。
まあ、編んでる本人はちよつとかなしい思ひをするかもしれないが、でも「不幸」といふほどのことぢやあない。

などと、くぢけさうな気持ちを如何せんといふわけで、こんなことを書いてみた。
とりあへず、今度Celtic Tattingに挑戦するときは、まちつと太い糸を使つてみやうと思ふ。
Lisbeth #40はやつぱりちよつと細すぎるよな、Celtic Tatting には。

|

« 足元と手元 | Main | Quiet: The Power of Introverts in a World That Can't Stop Talking を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Faliure Is An Option But Fear Is Not:

« 足元と手元 | Main | Quiet: The Power of Introverts in a World That Can't Stop Talking を読む »