« 編みやすくて心地いいニットの着心地 | Main | 行間を埋めたい症候群 »

Wednesday, 07 November 2012

こんなことを書くのは恥づかしいけど

「恥づかしいと思ふ気持ちをもつと大切にしたい」
昨日、ぼんやりとそんなことを思つた。

恥づかしながらやつがれは、他人の視線が異様に気になるたちである。
他人はそんなにこちらのことを見てないよ、とわかつてゐながら、自意識過剰とでもいはうか、とにかく周囲がこちらをどう思つてゐるのかが気になつてならない。
他人と書いたが、家族の目も気になる。

そんな自分が「恥づかしい」といふ思ひを第一に考へたら、ますます身動きがとれなくなつてしまふ。

さう思つてここまできた。

しかし。
恥づかしい、といふ思ひはどこから生まれるのだらう。
あの人々はきつとやつがれをなんといふ人間だと思つただらう。
さう考へるから恥づかしいのか。

大抵はそのとほりだと思ふのだが、どうもそればかりとは思へない。
「自分はかうあるべきだと思ふのに、さうあることができなかつた」
恥づかしい、と思ふ気持ちは、そこから生まれるのではあるまいか。

その昔、「お天道様に恥づかしい」といふ考へ方があつた。
お天道様=天照大神といふ図式からか、戦後、さういふ考へ方は影を潜めてゐるやうに思ふ。
でも、なんかもう、そこにしか頼るべきところはないんぢやあるまいか。
お天道様がダメなら、自分自身でもいい。

他人は知らず、自分自身に恥ぢるところのない、そんな暮らしを送れないものか。
そんな風に考へてゐる。

切り抜きジャックのタムカイ氏がこんなことを書いてゐる。
「品」の生まれるところも、また、この「己に恥ぢるところのないこと」と同じなんぢやないかな。
そんな気がする秋のゆふぐれ。

|

« 編みやすくて心地いいニットの着心地 | Main | 行間を埋めたい症候群 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こんなことを書くのは恥づかしいけど:

« 編みやすくて心地いいニットの着心地 | Main | 行間を埋めたい症候群 »