« 三国志演義で学ぶ漢文 | Main | 依存症に強迫症 »

Friday, 16 November 2012

くるっと・まわって・いっかいてん

自分のことを書くのはむづかしい。

さつきまで、「今日は自慢話でも書くか」と思つて、実際に書きはじめてゐた。
「不言実行」に関する話である。

途中まで書いてやめることにした。
ほんたうに「自慢」に終始してゐるやうに見えたからだ。
それつて、恥づかしいぢやん。

……いや、わかつてゐる。
ここで書いてゐることなど、ほとんど自慢話以外のなにものでもないぢやあないか。
それくらゐの認識は自分にもあるんだ。
だいたい、どうもやつがれには「えらそー」なところがあつて、それはもうこどものころからで、幼稚園のときには「えらそー」といふので見知らぬこどもにおなかを蹴られたりとか、小学校のときには担任から注意を受けたりとか、思ひ出してもいろいろあつた。

「えらそー」なのはいけないことだ。
問題は、ぢやあどうすれば「えらそー」ではなくなるのか、わからない、といふことだ。
自分では「えらそー」にしてゐるといふ意識がないからである。
あとになつて、「ああ、ああいふのが「えらそー」つて感じさせるのかなあ」と思ふことはあつても、その場ではない。
どうも物言ひが「えらそー」なのらしく、おなかを蹴られたりしたのもそれらしいのだが、本人に自覚はなかつた。

「えらそー」は身に染みついたやつがれの属性である。
さうとしか思へない。

ある日、「ケロロ軍曹」を見てゐて、エンディングの変はつたことに気がついた。
異様に頭に残る歌だつた。
「えらいひとのはんたいはえらそうなひと」

開眼した。
さうか、やつがれが「えらそー」なのは、「えらくない」からだ。
実態が伴はないのに、言動は「えらい人」のそれだから、「えらそー」なのである。

む、でも、それぢやあ別に「えらそー」でもいいんぢやん?
だつて「えらくない」んだもん。
つまり、さういふことでせう?

といふわけで、これからも「えらそー」路線で生きていきたい。
といふか、自覚がないんだから「生きていきたい」もなにもないもんなんだが。

でも、まあ、自慢話は気がつくかぎりで自重したいぞ。
と、日記には書いておかう。

|

« 三国志演義で学ぶ漢文 | Main | 依存症に強迫症 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くるっと・まわって・いっかいてん:

« 三国志演義で学ぶ漢文 | Main | 依存症に強迫症 »