« 云ひ訳はしない | Main | 「ボクつ娘」とやつがれ »

Friday, 05 October 2012

ノートとペンの相性

ここのところ、大橋堂の萬年筆が不調な気がしてゐた。
書き出しがかすれることがある。
をかしいな。店頭で試し書きしたときにはなかつたのに。

昨日、なんの気なしにこのペンを取り出して、Rhodiaのブロックメモに思ひつくところをあれこれ書き出してみた。

絶好調だ。
書き出しのかすれ? 何それ、おいしいの?
それくらゐの勢ひである。

しかして、最近使用してゐるRhodia WebNotebookに書き込んでみるとこは如何に。
かすれる。
たまにだが、書き出しがかすれる。

むう。

やつがれのWebNotebookはうまい具合にページを開いた状態で安定しない。抑へないと書き込みづらい状態である。
加へて紙がちよつと表紙から浮くんだね。これも抑へないと書けないやうな状態だ。

紙が浮いてゐる分、のどや端に書くときにペン先のあたり具合も変はつてくる。
どうやらこれが書き出しのかすれにつながるやうだ。

先日、MoleskineのEvernote Notebookが届いた。
なんかもう、これに乗り換へちやはうかな、とか思つたりするのだが。

なんだかそれも負けのやうな気がして、躊躇してゐる。

確かに、メモを取る量は減つてるんだよなあ。
うーん、まあ、不調の原因にも気がついたし、まちつとやうすを見てみることにしやう。

なほ、ロディアのWebNotebookには個体差があるらしい。あしからず。

|

« 云ひ訳はしない | Main | 「ボクつ娘」とやつがれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/55816198

Listed below are links to weblogs that reference ノートとペンの相性:

« 云ひ訳はしない | Main | 「ボクつ娘」とやつがれ »