« 同じモチーフでつなぎ方変へて | Main | 大橋堂の萬年筆 その後 »

Tuesday, 18 September 2012

タティングレースの新刊をやつと入手

遅ればせながら、「タティングレースのアクセサリーとこもの」を購入した。
地元の本屋ではなかなか見つけられず、こんな時期になつてしまつた。

最近、なるべく本は本屋で買ふやうにしてゐる。
それも、地元の本屋。
なぜつて本屋がなくなると困るからだ。
それでなくても地元の本屋の品揃へは「これが本屋か」と天をあふぎたくなるやうな状態だ。
でもやつぱりあるだけでありがたい。

既に店頭で拝見された方も多いと思ふので、かんたんに書くと、題名のとほりで、中はモチーフとそのモチーフをアクセサリに展開した作品が多い。ドイリーも三つばかしあるかな。
技術的にはSelf Closing Mock Ring(SCMR)を使つたものや、クリュニータティングつぽい感じの技を使つたモチーフもある。タティングレースの作り方ページもある。

使用してゐる糸はダルマレース。
紫野は普通かと思ふが、葵はとても結びやすいよね。まちつと細ければいいのに、と思ふが、この太さがいいのかもしれない。これだつたらショールとかの大物も作りやすいやうな気もするし。
さう、タティングレースのショール、作りたいよねー。
と、つねづね思つてゐるのだが、果たせてゐない。
糸はあるんだがなー。

そんなわけで、この本から、「つなげたらおもしろいかも」と思つたモチーフを作つてみた。

Tatted Motif

糸はLisbeth #40 の Wildflower Garden。玉で見たときは緑が入つてゐるとは思つてもみなかつたなあ。シャトルは最近出たミルク色。どちらもドヰ手芸で買ひ求めた。
本ではシャトルを二つ使つて作るやうになつてゐたけれど、シャトルひとつと糸玉でSCMRを使つて作つてみた。糸を巻くのがめんどくさかつたんだな。

もともとアクセサリはあまり身につけないし、タティングレースで作るとアクセサリのパーツも大きくなりがちなのでそんなに興味ないんだけどなー。
と、本を買つて帰つてきてから冷静になつて思ふ。
本屋で冷静にならうぜ。

でも、タティングレースつて大きい作品を作るのには時間かかるからなあ。
大きい作品を作るなら時間がかかるのは当然だが、タティングレースの場合は糸端の始末とか糸の継ぎかたとか、いろいろ考へないといけない部分が多くて、な。
さう考へると、かういふ本の需要も多いのだらう。

|

« 同じモチーフでつなぎ方変へて | Main | 大橋堂の萬年筆 その後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タティングレースの新刊をやつと入手:

« 同じモチーフでつなぎ方変へて | Main | 大橋堂の萬年筆 その後 »