« Ravellenic Games に参加できるか? | Main | かばんaddict »

Thursday, 12 July 2012

「営業部より資料が多めに配布されました」

ところで、ビジネス文書に文語または文語的用法を用ゐてもいい、といふことにして、だ。

こちらで例として使用した「より」と「にて」はなるべく避けるべきだと思つてゐる。

「より」の場合は、比較の意味で用ゐることもあるから、だ。
うつかりすると、こんな文章を書いてしまつたりする。
「営業部より資料が多めに配布された」
え、こんな文章は書かない?
でも、案外あるものだと思ふ。あひだに「何を」に対する修飾がいろいろ入ると、わからなくなつちやふんだな、きつと。
これだと、「営業部から」配布されたのか「営業部よりも」多めに配布されたのか、さつぱりわからない。
もつと微妙な場合もある。
「そんな、わかんないと思ふことはないよ」
と、云はれたりもするが、読んでゐて一瞬「ん?」と首を傾げることも少なくない。
「から」で意味が確定するんだから、「から」を使ふべき。
個人的にさう思つてゐる。

「にて」の場合は、冗長になるのと、意味が曖昧になるから。
「会議室にて行ひます」よりも「会議室で行ひます」の方が一文字のこととはいへ短くて簡潔だ。
この例文は短いからいいけど、長い文章の中で何度も何度も「にて」「にて」とつづくとうんざりする。
また、「この作業は当社にて行ひます」といふのはなんだか曖昧な表現に感じられる。
「この作業は当社が行ひます」となぜ云へない。
責任を回避したいのか。
そんな気がする。

まあ、実際ははつきり「誰某が」と云ひきれないことはあるとは思ふ。
たとへば、ある作業は隣の部の担当だけど、実際にはさらに委託してやつてもらつてるらしいんだよね、なんてな場合だ。このときに「この作業は隣の部が行ひます」とは云ひづらい。「この作業は隣の部が担当します」も、正しいのかもしれないけど、ちよつと躊躇してしまふ。
ここは「この作業は隣の部にて担当します」。多分、さう云つちやふなあ。

などと、偉さうに書いてゐるが、やつがれは別段国語学者といふわけぢやないし、専門の教育を受けたわけでもない。
日々職場でメールや書類を見るとはなしに見てゐるだけだ。
でもなあ、「より」と「にて」はちよつと気になるんだよなあ。

まあ、自分ひとりが気をつけてゐればいいことなのだらう。多分。

|

« Ravellenic Games に参加できるか? | Main | かばんaddict »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「営業部より資料が多めに配布されました」:

« Ravellenic Games に参加できるか? | Main | かばんaddict »