« もつと編みたい | Main | 筆圧と性格 »

Monday, 18 June 2012

パイロットの石目を買ふ

たうとうやつてしまつた。
パイロットの蒔絵万年筆 変わり塗り 石目を買つてしまつた。

こちらで見て、ずつと気にはなつてゐた。
なにしろ十万円を超えるやうな萬年筆の書き味が、半分以下の価格で楽しめるといふのである。
去年の暮れには買はうと思つてゐた。

しかし、縁がなかつたのか、店頭に並んでゐるのは見るものの、なかなか踏み切れずにゐた。

それが、土曜日、行くつもりもなかつたがなんとなくぶらついてゐた横浜で、出会つてしまつた。

その日、横浜高島屋の伊東屋ではパイロットの筆圧鑑定が行はれてゐた。
この顛末についてはまた別に書くとして、そこで話すうちに、つい、「石目に興味があるんですよね」と云つてしまつた。

すると、売り場の方に誘はれて、そこで試し書きして、決まつてしまつた。

なんだらうね、この、書き心地。

細字と中字とあつて、まづ細字を試した。
月並みだが、電流が走るとはこのことだらうか。
書いた瞬間、びびびつときた。

筆圧鑑定では、細軟とか中字軟とか、やはらかいペン先がいいと云はれた。
石目には「軟」のつくペン先はない。
ないけど、このやはらかな感触はなんだらう。
まるで、書いてないみたやう? あつらへたやうな書き味だ。

中字も試してみた。
中字とはいふものの、細字好みの自分でも十分な細さがある。
こちらもすばらしかつた。
「中字もいいなあ」と思ひつつ、もう一度細字を試してみた。

これだ。
これしかない。

中字の書き味を考へると、細字でも多分今ここにあるこれが、まさに自分のためのペンだ。
ほかのペンはまた書き味も違ふだらう。

さう思つて、購入した。

最初は黒いインキを入れやうかと思つてゐた。
しかし、それには漆黒のやうな、まさに黒、といふ黒が必要な気がした。
残念ながら手持ちにはそんな黒インキはない。

いろいろ考へて、色彩雫の月夜を入れてみた。
いい感じぢやあなからうか。

パイロットの石目に色彩雫の月夜

|

« もつと編みたい | Main | 筆圧と性格 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/54992894

Listed below are links to weblogs that reference パイロットの石目を買ふ:

« もつと編みたい | Main | 筆圧と性格 »