« 手帳の選択 | Main | 寝ても寝ても眠たいわけ »

Tuesday, 26 June 2012

捨てられない

ものを捨てられない。

世に「断捨離」といふ。
ものを捨てると家の中がすつきりして、気持ちがいいですよ、などと云はれる。

なるほど、確かにものを捨てるともともとものがあつた場所があく。
すつきりするといつていい。
作業もしやすくなるし、動線にも融通がきくやうになる。

だが、なんだらう。
この空虚な感覚は。
とりかへしのつかないことをしてしまつた。
この後悔にも似た念は。

最近、行動経済学の本を読むやうになつて、「保有効果」といふことばを知つた。
人は、一度手に入れたものを手放すのを惜しむ、といふ。
たとへば、ためしに新製品を一週間レンタルで、などといつて客に渡すと、客は手放すのが惜しくなつて最終的には購入する、とか、我ながら強引なたとへだが、まあ、そんなことらしい。

どうやらこの「保有効果」といふのに弱い。
それはもう、ものごころつくころ、幼稚園にあがるころから弱い。

幼稚園にあがるまでに二度引越しを経験してゐる。
一番最初に住んでゐた家で撮つた写真を見ると、そこにおさない自分がうつつてゐる。
部屋のやうすは記憶にある。
だが、自分の姿と、自分の隣にゐるぬひぐるみの記憶がない。
まだ一才くらゐだらうか、そんな自分より大きなぬひぐるみが一緒にゐて、おそらくは気に入つてもゐたらう。
でも、そんなぬひぐるみとともに過ごした記憶がない。

この「かつて一緒にゐたものが今はゐない」と感じるときの悲しさを、どう表現したものだらうか。
狭い家のことである。もらひものだつたのを、おそらく母が捨ててしまつたのだらう。
それはわかるし、もし今あつたとしても、かはいがつてゐたかどうかはアヤシい。
でも、この写真を見てゐられない。
あまりにもさみしすぎる。

と、幼稚園のころのやつがれは思つてゐた。
ゆゑに、過去の自分の写真をあまり見ることはなかつた。
今でもさうである。

こどものころからかうなのに、今どうして「断捨離」などできやうか。

などと云ひつつ、背に腹は代へられない。
仕方なく、日々断腸の思ひで愛着のあるものとの別れに接してゐる。

つらい。
このつらさを軽減する方法のないものか。

|

« 手帳の選択 | Main | 寝ても寝ても眠たいわけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 捨てられない:

« 手帳の選択 | Main | 寝ても寝ても眠たいわけ »