« GR DIGITAL IV | Main | 5月の読書メーター »

Saturday, 05 May 2012

4月の読書メーター


読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2254ページ
ナイス数:5ナイス

マインドマップ デザイン思考の仕事術 (PHP新書)マインドマップ デザイン思考の仕事術 (PHP新書)
デザイン思考に関する部分を興味深く読んだ。まづプロトタイプを作る、といふのは、えうは目に見える手に取れる形にしないと、すべては机上の空論に終る可能性があり、また、銘々がまつたくことなることを脳裡に浮かべた状態で話し合ふ自体に陥りがちである、といふことだらう。マインドマップについては、まあ、好きずきといふか……
読了日:04月02日 著者:松岡 克政,木全 賢
シネマほらセットシネマほらセット
写楽が実在の役者による架空の演目の架空の配役の絵を描いてゐたといふ話を聞いた。きつとこんな感じなんだらう。爆笑問題は田中の方はよくドラマなどに出てゐるが、太田は残念ながら見たことがない。この本に出てくるやうな形で使つてみたらおもしろいのかも?
読了日:04月03日 著者:橋本 治
漢詩を読む 1 『詩経』、屈原から陶淵明へ漢詩を読む 1 『詩経』、屈原から陶淵明へ
江原正士があの江原正士だつたとは! この衝撃になにもかもとんでいつてしまつた感がある。昔から反骨の詩とか隠遁の詩に弱いのだが、隠遁の詩にも裏に隠された本音があるかも、といふのが大変興味深かつた。つづきが楽しみ。
読了日:04月06日 著者:江原 正士,宇野 直人
なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか―記憶と脳の7つの謎 (日経ビジネス人文庫)なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか―記憶と脳の7つの謎 (日経ビジネス人文庫)
「なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか」はこの本のうちのほんの一部に過ぎない。「7つの謎」をかなり駆け足で紹介してみた、といふ感じか。なんとなく散漫な印象を受けた。
読了日:04月10日 著者:ダニエル・L. シャクター
漢詩と名蹟漢詩と名蹟
書のよさがわからないのが悔しいなあ。しかも読めないし。 改めて李白、いいつス。今度は李白の詩集を借りたい。
読了日:04月12日 著者:鷲野 正明
仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
マインドマップを使へばなんでもうまくいくよ、顧客からのクレームもプレゼンテーションもいぢめ問題も、なんでも解決できるよ、といふのが胡散臭くてたまらない。かういふのがいいと思ふ人もゐるのだらう。ちよつとマインドマップとは距離をおきたくなること請け合ひの一冊。
読了日:04月13日 著者:トニー・ブザン
世間知らずの高枕 (新潮文庫)世間知らずの高枕 (新潮文庫)
山本夏彦を読むときは安心したいとき。「世の中をこんな風に見てもいいんだ」「かういふ見方もあるんだ」と思ひたいとき。
読了日:04月18日 著者:山本 夏彦
アイデアのヒントアイデアのヒント
アイデア、出ないはずだよなあ。準備が全然足りてないもん。それに、楽しくしてないといけないなんて、そらあ無理といふもんだ。
読了日:04月24日 著者:ジャック フォスター

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

|

« GR DIGITAL IV | Main | 5月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 4月の読書メーター:

« GR DIGITAL IV | Main | 5月の読書メーター »